バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャズVSスパーズ TV観戦レポート

ウェスタンカンファレンス
 カンファレンスファイナル GAME1


会場 AT&Tセンター(サンアントニオ)


ジャズ

 ウィリアムス
 フィッシャー
 キリレンコ
 ブーザー
 オクァー


スパーズ

 パーカー
 フィンリー
 ボウエン
 ダンカン
 オベルト

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはフィッシャーのフリースローが二本決まり、ジャズが先制します。
 その後もジャズは順調に得点を重ね、開始から2分30秒で7-0とリードします。
 スパーズは開始から3分経ってようやくオベルトがフリースローを一本決めて1点をあげます。
 ジャズはまあまあディフェンスが機能していますが、スパーズのディフェンスは苦しんでいます。オクァーが中でも外でも攻めてくるので対応に苦慮してる感じです。
 オフェンスではパーカーとジノビリがかき回し、点が取れるようになってきました。スパーズが徐々に追いついていきます。
 そして残り5:17、ジノビリのスリー! 13-14とスパーズが逆転します。
 ジャズはシュートが入らなくなってきました。ゴール下ではミルサップが頑張ってオフェンスリバウンドを取りますが、点に繋がりません。
 スパーズがこのまま引き離していくかと思いましたが、ジャズも踏ん張り20-23とスパーズが3点をリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 両チーム、なかなか点が入りません。ディフェンスが固いです。
 スパーズはダンカンがチームを引っ張ります。徐々に得点が伸びてきました。しかし、ジャズのシュートはまだ入りません。
 残り9:00、ダンカンは自分のミスフリースローのリバウンドを取ってレイアップ! 22-31! 9点差!
 一瞬、ジャズが盛り返しますが、スパーズはすぐにディフェンスを締めて再び9点差に広げます。試合巧者ですね。
 残り5:02、ダンカンが見事なスピンムーブでオクァーを抜き去り、ダンク! 28-39! 11点差!
 ジャズは少し集中力を欠いています。キャッチミスからのターンノーバーがでました。集中したいところ。
 今日はダンカンの調子が恐ろしいほどいいです。得点、ディフェンス、アシスト、どれを取っても素晴らしい切れ味を発揮しています。
 それに引っ張られてスパーズ全体のボール回しや動きがすごくいいです。ジャズは振り回されていて、オフェンスも狂い始めています。
 完全なスパーズペースで、36-54と18点差で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはウィリアムスのスリーでジャズは3点を返します。
 開始から3分、スパーズは点が取れません。徐々に点差が詰まってきます。
 しかし、スパーズはまずディフェンスから修正してきました。固いディフェンスの前にジャズは点か取れなくなってきます。
 それでもジャズは必死に追いすがり、残り4:42にはミルサップがシュートを決めて55-66と11点差に詰め寄ります。
 ただ、スパーズは落ち着いています。どんどん点差を縮められてきても慌てていません。
 スパーズは気合いが入りながらも落ち着いたプレーを見せて再び点差を広げ、62-78と16点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ジャズはディフェンスを踏ん張り、なんとか12点差まで詰め寄ります。
 しかし、スパーズのディフェンスはあまりに固く、かなり苦しんでいます。
 おまけにブーザーが5ファール。ベンチには下げませんがこれは痛い!
 点差はなかなか縮まりません。ジャズは根気よくシュートを決めますが、スパーズもキッチリと決めてきます。
 残り3:51、ウィリアムスがレイアップ! 82-92! 10点差! カウントワンスロー! フリースローも決めて83-92! 9点差!
 10点差で迎えた残り2:43、ウィリアムスがオベルトの上からダンク! 87-95! 8点差!
 ものすごく苦しみながらジャズは徐々に追いついていきます。
 しかし、反撃はここまで。



最終スコアは100-108でスパーズの勝利。
今日のスパーズはあまりにも完璧でした。
プレーもそうですが、気迫が素晴らしかったです。
フリースローは苦しみましたが、オフェンスリバウンドを取ってミスを補いました。
なによりダンカンがあまりにも見事でした。シュートやリバウンドもそうですが、パスがすごかった。あれだけ何もかも素晴らしいダンカンは久しぶりに見ました。
また、オベルトがボールのないところで上手く動き、ダンカン、パーカー、ジノビリからパスを受けてイージーショットを決めましたね。
ジャズは、ブーザーがダンカンに歯が立たなかったのが痛かったですね。
終盤は少し活躍しましたが、全体的に存在感がありませんでした。完全にダンカンにやられましたね。
キリレンコとオクァーも、さすがにウォリアーズ相手とは勝手が違い、思うように動けていませんでした。
ただ一人、ウィリアムスだけは獅子奮迅の活躍をしましたが、それだけでカンファレンスファイナルでスパーズに勝てるほど甘くありません。
しかし、今日はカンファレンスファイナルで戦うのは初めての選手が多くいて、戸惑い、緊張していたのかもしれません。
次戦以降、ジャズが本来の力を出して巻き返すのか、それとも今日の試合が実力差なのか、注目していきたいです。



ジャズ 100-108 スパーズ

ジャズ(0勝1敗)

 ウィリアムス
  34点
   7リバウンド
   9アシスト

 ブーザー
  20点
  12リバウンド


スパーズ(1勝0敗)

 ダンカン
  27点(9/15)
  10リバウンド

 ジノビリ
  23点(9/14)
  10アシスト

 パーカー
  21点
   3スティール


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/472-6cdcc7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。