FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ウォリアーズVSジャズ TV観戦レポート

ウェスタンカンファレンス
 カンファレンスセミファイナル GAME5


会場 エナジーソリューションアリーナ(ソルトレイクシティー)


ウォリアーズ

 デイビス
 エリス
 ジャクソン
 リチャードソン
 ハリントン


ジャズ

 ウィリアムス
 フィッシャー
 キリレンコ
 ブーザー
 オクァー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはブーザーのシュートでジャズが先制します。
 ウィリアムスはまたしても一分もしない内にファール1つ目。このシリーズはずっとファールに苦しんでいますね。
 ペースはジャズですが、ウォリアーズも悪くありません。残り8:12にはリチャードソンがスリーを決めて12-10とウォリアーズがリードします。
 残り5:14、ウィリアムスがオフェンスファール。早くも2つ目でベンチへ下がります。
 ジャズは少しターンノーバーが多いですね。そして、そこからの失点が目立ちます。
 残り3:37、GAME2で負傷したブラウンが出てきました。観客は大歓声を送ります。
 ジャズはターンノーバーからの失点が多かったですが、基本的には自分たちのバスケを展開しました。
 ウォリアーズはチャンスを確実にものにして32-29と3点リードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ジャズはオフェンスリバウンドを立て続けに奪い、オクァーのシュートで34-34の同点に追いつきます。
 得点は競っていますが、ペースは完全にジャズ。プレーの積極性が違います。
 しかし、ウォリアーズも負けていません。果敢にボールを奪い、スリーを決めて45-39と6点差とします。
 3点差で迎えた残り3:01、ブーザーのダンク! 47-46! 1点差!
 しかし、なぜかブーザーのテクニカルファール。なにが起こったのかよくわかりませんでした。
 ジャズは不用意なターンノーバーが散見されます。そのため、ペースは掴んでいても、なかなか波に乗れません。崩れないのはさすがですが。
 双方、相手のミスにつけこんで得点しながらも、自分たちもミスを犯して突き放すことはできず。54-52とウォリアーズが2点をリードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはジャクソンのスリーで点差は5点に広がります。
 相変わらず双方ミスが多いですね。これを修正した方が勝つような気がします。
 修正できてきたのはジャズ。残り7:51にはキリレンコのレイアップで同点に追いつきます。
 逆にウォリアーズは明らかに雑になってきました。まともなシュートが少ないです。
 残り3:46、ブーザーがファールを受けながら気迫のシュート! 決まって68-70! ジャズ、リード! フリースローは外れます。
 ジャズは中に切り込んでくるのを徹底的に防いでますね。キリレンコ、ブーザー、ミルサップの三人が中で待ちかまえているのは相手にとって脅威でしょう。
 しかし、なんとかファールはもらってフリースローで得点をつなぎます。
 残り2:45、リチャードソンがルースボールファール! 5つ目! これは痛い! リチャードソンはベンチに下がります。
 残り1:01、ハープリングのレイアップをブロックしようとしたバーンズの腕は、ボールを外れた拍子に顔面に。ハープリングはもんどり打って倒れますが、なんとシュートは成功! カウントワンスロー! フリースローも決まって73-77!
 残り36.8秒、フラストレーションがたまったのか、ジャクソンはボールを運んでいたブラウンをなぎ倒します。
 これがフレイグラントファール! しかも抗議してテクニカルファール!
 ギリチェックはテクニカルフリースローを外し、ブラウンはフリースローを二本とも外します。もったいない。点差は変わらず4点差。
 ウォリアーズの調子が狂ってきました。エアボールが出始めます。まだ4点差、最終クォーターがあります。落ち着きたいところ。
 終了間際、ジャズのシュートは外れ、ブーザーのティップインも外れますが、ティップしようとしたブーザーを引き倒そうとしたとしてバーンズがテクニカルファール! ネルソンHCが猛抗議するも受け入れられず。
 点差は変わらず73-77で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 まずはハープリングがテクニカルフリースロー。しかし、外します。
 開始早々、フィッシャーのスリー! こういう時、経験のあるベテランは頼りになります。73-80!
 しかし、ジャズは他の選手がフリースローすら入りません。プレッシャーでしょうか。
 残り6:25、デイビスのジャンパー! 83-83! 同点!
 しかし、すぐにキリレンコがティップイン! 83-85!
 残り5:43、フィッシャーのスリー! ここでスリーを決めるか! さすが! 83-88! 5点差!
 ウォリアーズは全然シュートが入りません。外からのシュートに頼りすぎです。
 残り4:11、デイビスがフリースローを二本決めてなんとか得点が動きます。
 残り3:39、リチャードソンがジャンパー! 87-88! 再び1点差に迫ります。
 ジャズはフリースローを3本決めて87-91、再び4点差。
 ウォリアーズはシュートが入りません。レイアップすら入らなくなってきました。
 残り1:05、ブーザーがフリースローを二本成功させて87-93、そしてポジション争いでバーンズがキリレンコにファール! フリースロー! バーンズ6つ目のファールで退場!
 キリレンコはフリースローを一本決めて87-94! タイムアウト、ウォリアーズ!
 タイムアウト明け、インボールをキリレンコがスティール! ウォリアーズはファールするしかありません。ファールの相手はフィッシャー。
 フィッシャーはフリースローを二本とも決めて87-96! 9点差!
 フィッシャーは第4クォーターだけで11点、GAME4でも同じく14点を取っています。終盤に頼りになるベテランです。
 もはやウォリアーズに余力は残っていません。



最終スコアは87-100でジャズの勝利。
カンファレンスファイナル進出です。
ウォリアーズは終盤、自滅していった感じです。
スリーを乱発するも入らない。落ち着いて打てば入るはずのレイアップも外す。変なパスをしてシュートまでいけない。リバウンドは取れない。挙げ句の果てにフレイグラントファールやテクニカルファール。
マーベリックスを破り驚かせたチームは、追いつめられると見る影もなく崩壊しました。
来シーズンは落ち着いてプレーすることが大事になってくるでしょう。学んだことは多いはずです。
チームとしてワンステップ上に登ったと思います。
ジャズは終盤にフリースローを外しまくりましたが、なんとか踏ん張りました。
フィッシャーの存在が非常に大きかったですね。
また、全体でリバウンドやルースボールにも果敢に飛び込んでいたので、シュートが入らなくても、ミスをしても持ちこたえられました。
この試合に限らず、シリーズを通してウォリアーズの無茶打ちに一切付き合わなかったのも勝因の一つでしょう。
徹底的に自分たちのバスケを貫き、ハーフコートオフェンスと速攻の切り替えが上手かったです。
また、ベテラン、中堅、若い選手のバランスが上手く取れています。
苦しい時はベテランが引っ張り、イケイケの時は若い選手がぐいぐい飛ばし、全体としては中堅がコントロールする。
スローンHCの手腕が見事です。
また、ここに来てキリレンコが完全復活の兆しを見せているのが大きいです。
何があった?と言いたくなるほど調子を上げてきていますね。
さて、これでジャズはしばらくお休みです。スパーズVSサンズは短くてもGAME6までいきますし、明日はまだGAME5です。
この休みが吉と出るか凶と出るか。
若い選手の方が多いので、調子に乗ってる時に一気に試合をした方が良いような気もしますが、さて…



ウォリアーズ 87-100 ジャズ

ウォリアーズ(1勝4敗)

 デイビス
  21点
   8アシスト
   6スティール


ジャズ(4勝1敗)
 カンファレンスファイナル進出!

 キリレンコ
  21点(8/12)
  15リバウンド
   3スティール

 ブーザー
  21点
  14リバウンド

 フィッシャー
  20点(7/10、スリー4/5)

 ミルサップ
  12リバウンド

 オクァー
  10リバウンド


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/481-a9fef020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)