バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピストンズVSブルズ TV観戦レポート

イースタンカンファレンス
 カンファレンスセミファイナル GAME4


会場 ユナイテッドセンター(シカゴ)


ピストンズ

 ビラップス
 ハミルトン
 プリンス
 ラシード
 ウェバー


ブルズ

 ハインリック
 ゴードン
 デング
 PJ
 ベン

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはPJのレイアップでブルズが先制します。
 ブルズの選手たちは随分落ち着いているように見えます。追いつめられて開き直ったのでしょうか。
 そのためか、高確率でシュートを決めていきます。
 残り4:47にはベンのダンクが決まって10-18と8点をリードします。
 7点差で迎えた残り3:27にはベンからデングへナイスパス! ダンクで締めくくって12-21と9点差となります。
 すぐにマクダイスがスリーポイントプレーで返し、再び6点差。
 ややブルズペースで試合は進み、19-27と8点差で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 開始から二分半でノシオニが3つ目のファールを犯してしまい、ベンチへ。会場は大ブーイングです。
 ピストンズはマクダイスがオフェンスもディフェンスも好調です。ベンチから出てきていまいち波に乗れないチームを引っ張ります。
 残り8:15にはビラップスが速攻でフリーのレイアップを決め、28-29と1点差に迫ります。
 さらに残り7:42、ビラップスがジャンパーを決めて30-29! 逆転!
 ピストンズは点差を広げていきます。ブルズは崩れだすと歯止めが利きませんね。落ち着いてプレーしたいところ。
 残り3:32、ブルズはオフェンスリバウンドを粘りに粘ってトーマスのダンク! こういうプレーが必要です。40-39と1点差に迫ります。
 持ち直したブルズは残り2:07にゴードンのジャンパーで42-43と再び逆転に成功します。
 その後、ピストンズに1点しか許さず、43-50と7点差で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはハインリックのコーストトゥコーストのレイアップで点差を9点に広げます。
 ブルズは勢いに乗り始めました。残り9:21にはゴードンがフリースローを二本決めて45-58と点差を13に広げます。
 しかし、前の試合ではもっと多い点差を逆転されました。気は抜けません。
 ピストンズはハミルトンの調子がおかしいです。フリースローも入りません。また、ウェバーも絶不調です。
 ピストンズはこの9分間、1本しかフィールドゴールが入っていません。完全に調子が狂っています。
 ブルズはベンの動きが異様に目立ちます。ディフェンス、リバウンド、ルースボール、そして得点。大活躍です。
 残り6:08、ようやくプリンスがスリーを決めました。48-62、まだ14点差あります。
 しかし、ブルズはGAME3の苦い経験を忘れていません。全く手を緩めません。
 残り5:22にはベンのブロックからの速攻でゴードンがレイアップ! カウントワンスロー! 48-65と17点差に広がります。
 残り4:41、ラシードが審判に文句を言い、テクニカルファール! 今シーズン19回目と言うことですが、ひょっとして次の試合は出場停止では…?
 残り3:41、こぼれ球を拾ったピストンズの速攻。マレーがハインリックの上から豪快なダンク! 50-67! カウントワンスロー! すさまじいダンクでした。しかし、フリースローは外れ。
 ブルズはリバウンドやルースボールへの執着心が今までと全然違います。果敢に飛び込み、見ていて気持ちの良いハッスルプレーを連発しています。
 残り2:27にはノシオニがスリーを決めてとうとう20点差となります。
 それでもブルズは手を緩めません。相当に前回の負けが利いていますね。
 ブルズのディフェンスはまるで終了間際に5点差で負けているかのようです。
 56-77、ブルズが21点をリードして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ピストンズは開始早々一気に得点を重ねます。2分で7点をあげ、63-77と14点差に迫ります。
 ブルズはベンがベンチに下がると一気にディフェンスが悪くなりますね。頑張りたいところ。
 ブルズはオフェンスのペースを落としました。試合中にこうやってペースを変えてしまうと一気に崩れることもありますが…?
 残り8:43、ベンがコートに戻ってきました。
 ピストンズのシュートの精度が上がってきました。逆にブルズはペースを変えたせいか、タッチがおかしいです。開始から4分以上、ゴードンのスリー一本しか決まっていません。
 残り7:37、ようやくパスがキレイに回り、トーマスがフリースローを得ます。どんどん追いつかれているこの終盤、ルーキーにはプレッシャーです。
 それでも二本とも決め、69-82、13点差。
 過去のブルズとピストンズの映像が流れました。アイザイア、デュマース、ジョーダン、ピッペン、ロッドマン、レインビア、カートライトなど。…彼らはプロレスをしてたんでしょうか? 久しぶりに見ましたが、すごい肉弾戦です。
 残り6:39、ビラップスのジャンパーが決まり、9点差。とうとう一桁差です。
 10点差で迎えた残り6:04、ハインリックのスティールから速攻! トーマスの豪快なダンク! 73-85! 12点差!
 11点差で迎えた残り5:15、リバウンド争いでなんとブルズのルースボールファール! 大ブーイングの中ハミルトンがフリースローを二本決めて再び9点差。
 残り3:55、スティールからピストンズの速攻、ファールを受けたビラップスのフリースロー。二本とも決め、7点差!
 その後のオフェンスでなんとハインリックがキャッチミスによるターンノーバー! 縮こまってますね。
 しかし、すぐにビラップスからオフェンスファールを奪い、ミスを帳消しにします。
 そして、残り3:21、ゴードンのスリー! 80-90! 10点差!
 残り2:46、ビラップスのスリー! 83-90! 再び7点差!
 残り2:41、マクダイスがベンにファールしました。ハック・ア・ベンでしょうか。しかし、ビラップスが文句を言ってるので違うでしょうか…?
 ベンはフリースローを一本決め、8点差になります。
 残り2:18、再びマクダイスがベンにファールします。これは完全にハック・ア・ベン。醜い。
 ベンはここでフリースローを二本とも決め、10点差!
 ピストンズはシュートが入りませんが、ブルズはリバウンドが取れない! ピストンズのオフェンスが続きます。
 ようやくデングがリバウンドを押さえ、ピストンズはすぐにファール。フリースロー。マクダイスがファールアウトします。
 しかし、デングはフリースローを一本外し、83-94、11点差。
 残り1:43、ビラップスがフリースローを二本とも外し、11点差のまま。
 ピストンズは苦しくなってきました。
 残り1:30、ハインリックのミスシュートをデングがフォローアップダンク! 83-96! 13点差!
 勝負有り。



最終スコアは87-102でブルズの勝利。
ブルズは首の皮一枚が繋がりました。
しかし、崩れるととことん崩れますね。トーマスのハッスルプレーがなければずるずると逆転されていたのではないでしょうか。
トーマスは危なっかしかったですが、チームに渇を入れるプレーをしました。あれでチームが生き返りましたね。
また、ハック・ア・ベンをされて、4本中3本のフリースローを決めたベンも見事です。
そしてディフェンスがさすが。数字に出る出ない関係なく、いるのといないのでは全く違います。
リバウンドをチーム全体でこれだけ積極的に取りに行ければ、このシリーズももつれてくるでしょう。
ただ、このところ第4クォーターになると存在感が全くなくなるデングが少し心配です。終盤にも活躍して欲しいところ。
ピストンズは反撃が少し遅かったですね。
第4クォーター開始早々のラッシュを第3クォーター終盤からやっていたらどうなっていたかわかりません。
確率が悪かったことと、リバウンドが取れなかったことが痛手でした。
また、不用意にハック・ア・ベンを仕掛けたがために、フリースローは決められるわ、終盤にマクダイス、ハミルトン、ビラップスはファールアウトになるわ、で誤算が誤算を呼びました。
さらにラシードが今シーズン19個目のテクニカルファールを取られていましたが、これは次の試合出場停止では…?
確か、16個を超えると二つごとに一試合出場停止になるので、もしかするとそうかもしれませんし、次のテクニカルファールで出場停止かもしれません。
ピストンズも決して楽観できる状況ではありませんね。



ピストンズ 87-102 ブルズ

ピストンズ(3勝1敗)

 ビラップス
  23点
   8アシスト

 プリンス
  18点
   7リバウンド
   3スティール


ブルズ(1勝3敗)

 デング
  48分フル出場
  25点(10/15)
  13リバウンド

 ハインリック
  19点
  10アシスト

 ベン
  17リバウンド


スポンサーサイト


コメント

SVZのマスターさんこんにちは(*^▽^*)



やった~~ヾ(*^▽^*)ノ

ブルズ反撃ですね

このままでは終わってほしくないです。

まだまだ課題はありそうですが

次もがんばってくれないと…

ラシードは19個目なんですね

2つごとに1試合出場停止なんですか

あれま~~(*_*)

ラシードがいないのは痛手ですね。

その隙にブルズがんばれ!!!
[2007/05/15 07:07] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



ヒヤヒヤ物でしたが、一矢は報いました。

次の試合に勝てばまたホームに戻れます。最終的に敗れるとしても、もう一回ホームに帰ってきて欲しいですね。

ラシードの出場停止は推測です。違うかもしれません(>_<)
[2007/05/16 00:30] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/486-28c497c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。