バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャブスVSネッツ TV観戦レポート

イースタンカンファレンス
 カンファレンスセミファイナル GAME3


会場 コンチネンタルエアラインズアリーナ(ニュージャージー)


キャブス

 ヒューズ
 パブロビッチ
 レブロン
 グッデン
 イルガウスカス


ネッツ

 キッド
 カーター
 ジェファーソン
 モーア
 コリンズ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはカーターのジャンパーでネッツが先制します。
 相変わらず両チームともシュートが入りません。ブルズVSピストンズのように相手のディフェンスが激しくて入らないのではなく、普通に入ってない感じ。観ててだるいです。
 残り7:52、モーアの豪快なダンク! こういうプレーをもっと出して欲しいですね。
 キャブスはフリースローも入りません。残り6:16にパブロビッチが一本外して早くもチームで3/6です。
 残り5:17、今度はジェファーソンの豪快なダンク! ネッツは少し乗ってきました。
 残り4:00、カーターがフリースローを一本決めて9-18。キャブスはまだ一桁です。
 今日のネッツはリバウンドを頑張っています。ただ、オフェンスリバウンドに積極的に飛び込んでいるのがキッドではちょっと苦しいですね。
 マグレディーが観戦に来ています。カーターの従兄弟なので応援に来たんでしょうか。…仲悪かったような気がするんですが。
 ヴァレイジャオが出てきたとたん、ネッツはリバウンドが取れなくなりました。ヴァレイジャオのようにアグレッシブにリバウンドに挑むタイプに弱いですね。
 その甲斐あってキャブスは少し持ち直し、15-22として第1クォーターを終了します。
 最後、レブロンはレイアップを試みた際にジェファーソンに顔を叩かれて倒れ込みました。
 結局、ノーファール、ノーカウントになったんですが、かなり痛そうでした。
 しかし、すぐに立ち上がってベンチに戻りました。


第2クォーター

 ネッツはディフェンスはかなり良くなったんですが、ミスも多いです。結果プラスマイナス0みたいになってます。
 キャブスは普通にシュートが入りません。ネッツのディフェンスが良いこともあるんですが。
 残り9:26、ゴール下で完全フリーになっていたジェファーソンにカーターがナイスパス! ダンクが決まって17-28! 11点差!
 ネッツはパス回しもスムーズになってきました。ミスを連発していたのを修正してきましたね。
 キャブスも巻き返してきました。残り3:22にはグッデンがフリースローを二本決めて36-37と1点差に詰め寄ります。
 ネッツのペースが崩れてきた中、残り54.9秒にカーターがレイアップ! カウントワンスロー! フリースローも決めて41-45! 4点差!
 その後、キャブスが一本決めて43-45と2点差で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはキッドがジャンパーを決めて4点差となります。
 その後もネッツは順調に得点を重ね、キャブスはシュートが入りません。
 しかし、残り8:50にはヒューズがジャンパーを決めて47-53となんとか追いすがります。
 ネッツの勢いは止まりません。残り6:06にはキッドのジャンパーが決まり51-63! 12点差!
 残り4:27、両チームの選手が揉めます。乱闘になりそうな雰囲気でしたが、審判やキッドが止めました。
 残り1:36、腕を痛めたのか、かなり辛そうにしてカーターがベンチに下がり手当を受けます。
 キャブスは全くペースが掴めず、64-73とネッツが9点をリードして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 治療のためにロッカーに下がっていたカーターがベンチに帰ってきました。大歓声です。
 そして、残り10:05、コートに戻ってきます。
 残り9:47、レブロンのスリー! 73-77! キャブス4点差に迫ります。
 ここから2分以上両チーム得点が動きません。
 残り7:28、モーアの豪快なダンク! 73-79! 6点差!
 さらに残り6:35、カーターのジャンパーで8点差。点差を広げます。
 残り5:31、リバウンドを取ったキッドからカーターへ超ロングパス! カーターは楽々ダンクを決めて73-83、10点差!
 キャブスは4分30秒の間、一本もフィールドゴールがありません。
 残り4:21、ゴール下へ切り込んだジェファーソンへキッドがナイスパス! レイアップを決めてカウントワンスロー! 12点差! フリースローは外してしまいます。
 残り4:06、ようやくヒューズがジャンパーを決めました。しかし、点差はまだ10点あります。
 結局、キャブスは調子を戻すことなく試合は終了しました。



最終スコアは85-96でネッツの勝利。
キャブスはアウェーだとビックリするくらい弱いですね。
ホームでは普通の強豪と言える強さですが、アウェーでは並以下のチームです。
ブーイングに弱いと言うことなんでしょうか。ホームの時とは完全に別のチームですね。
GAME1、GAME2では圧倒していたリバウンドも全く取れず、シュートも決まらず、アシストも少ない。でも、フリースローはそこそこ入る…意味がわかりません。
特にレブロンがアウェーに弱い気がします。
キャブスはレブロンの1on1を起点にオフェンスを展開しますから、彼が機能しないとチームも崩れます。
結局はレブロンの個人能力と調子に左右されるので、チームとしては不健全ですね。
レブロン自身も審判の判定が気に入らなかったり、シュートが入らないと、ほんの一瞬ですけどやる気をなくしたようにふてくされたシーンがありました。まだ若いので仕方ないかもしれませんが、プロとしてエースとして、これではいけません。
ネッツはリバウンドで頑張りました。しかし、リバウンドリーダーが相変わらずキッドなのは頂けませんね。
モーアが触らなくても入っていたのでは?と思えるボールに触れてしまい、オフェンシブゴールテンディングでノーカウントになったのが2回ありました。もう少し落ち着きたいですね。
今日のようにディフェンスリバウンドをしっかりと押さえられれば十分に勝機はあると思います。
先の二試合では奪われすぎて失点が増えていきましたからね。
次からもリバウンドを頑張りたいところです。
キッドが、今日のトリプルダブルでバードを抜いて、プレーオフ通算数11回目と単独2位に躍り出ました。
1位のマジックは30回…後19回です。遠っ!



キャブス 85-96 ネッツ

キャブス(2勝1敗)

 レブロン
  18点
  12アシスト

 ヒューズ
  23点


ネッツ(1勝2敗)

 キッド
  23点(8/12、スリー5/6)
  13リバウンド
  14アシスト

 ジェファーソン
  23点
   8リバウンド

 カーター
  23点


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/488-b288b96b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。