バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネッツVSキャブス TV観戦レポート

イースタンカンファレンス
 カンファレンスセミファイナル GAME2


会場 クイッケンローンズアリーナ(クリーブランド)


ネッツ

 キッド
 カーター
 ジェファーソン
 モーア
 コリンズ


キャブス

 ヒューズ
 パブロビッチ
 レブロン
 グッデン
 イルガウスカス

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはレブロンのジャンパーでキャブスが先制します。
 今日はお互いシュートが好調です。前の試合はひどい有様だったので、修正したのでしょうか。
 2点差で迎えた残り4:26、イルガウスカスのティップインで同点!
 得点はほぼ互角なんですが、ペースはネッツペースに見えます。キッドを中心に自分たちのペースでオフェンスを展開しています。
 一方のキャブスは個人技頼みでちょっと苦しい展開です。
 残り1:43、キッドのパスミスをレブロンがスティール! グッデンがレイアップ! カウントワンスリー!
 その際に勢い余ったグッデンの肘が審判の側頭部に直撃。しばらく様子を見ていましたが、大事には至らなかったようです。
 グッデンはフリースローをミスし、22-22の同点のままです。
 ネッツやや優勢で28-24。第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 開始直後はネッツ優勢でしたが、キャブスは一気にランをかけ、残り10:17にはヴァレイジャオのダンクで31-32! 逆転!
 ネッツはミスが目立ち始めました。ドリブルやパスをカットされるシーンが散見されます。
 こうなると相手は調子に乗ると言うもの。キャブスは点を一気に重ねていき…ません。詰めが甘い気がします。
 残り5:37、モーアがカウントワンスロー。フリースローは外しますが、37-39と2点差になります。
 ネッツがこれだけミスしてくれているのに、一気にいけないキャブスはちょっと情けない気がします。
 頑張っている選手には申し訳ないんですが、眠くなる試合です。フリースローの確率すら悪く、締まりがない。
 45-48とキャブスが3点リードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはカーターのジャンパーが決まり、1点差になります。
 残り10:14、キッドがこのクォーター二本目のスリー! 53-50! ネッツ3点リード!
 1点差で迎えた残り9:06、キッドからのパスをモーアが豪快にダンク! 55-52! 3点差!
 2点差で迎えた残り7:27、レブロンのスティール! 速攻! ダンク! 59-59! 同点!
 残り6:27、ジェファーソンがレイアップ! カウントワンスロー! フリースローも決めて62-59!
 ようやく両チームとも締まりのあるプレーを見せ始めました。
 ネッツはカーターがらしいプレーを連発し、少し優勢に試合を進めます。
 しかし、キャブスも粘りのあるプレーで引き離されません。
 1点差で迎えた残り2:48、ヴァレイジャオのフック! 69-70! キャブス逆転!
 その後、4点ずつ加えて73-74で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 いきなりキャブスはターンノーバー。いけませんね。
 また、ネッツも細かいミスが目立ちます。気負いすぎているのでしょうか。
 残り10:03、ジェファーソンがレイアップ! アンドファール! 77-76!
 フリースローも決めて78-76、ネッツがリードを奪い返します。
 すぐにレブロンが苦手なフリースローを二本とも決めて同点とします。
 ネッツはナックバーが立て続けにパスを受けきれずにターンノーバーを犯します。プレッシャーに負けているんでしょうか。
 2点差で迎えた残り5:11、レブロンのレイアップ! カウントワンスロー! 85-89! 4点差! しかし、フリースローは外れ。
 さらに残り4:25、グッデンのダンク! 85-91! 6点差!
 ネッツはリバウンドが全然取れませんね。オフェンスリバウンドが3-18と、6倍もキャブスに取られています。
 逆に、これだけ差があってこんな接戦なのは一体…?
 残り1:57、カーターが倒れます。ジェファーソンが慌ててファールしてタイムアウト。
 タイムアウト明けは戻ってきました。
 残り1:19、レブロンがジャンパーを決めて89-96、勝負有り。



最終スコアは92-102でキャブスの勝利。
若干、盛り上がった箇所もありましたが、全体的にグダグダな試合です。
相手のディフェンスがきつくないのに、ドリブルミス、キャッチミスなどのターンノーバーが目立ちました。
また、双方フリースローの確率も悪くて、締まりがないです。
オフェンスリバウンドを19本も奪い、シュートのアテンプトは20本も多いのに10点しか差をつけられないなんて、考えられません。
決定力がないと言わざるを得ません。
ネッツもインサイドに強力な選手がいないんですから、もっとリバウンドに全員でアグレッシブに取りにいかなければいけないでしょう。
飛びついていれば取れたのが何本かありました。でも、のんきに待ってるだけなので横から飛び込んできたヴァレイジャオに取られる、と。
もっと気迫のこもったプレーをしないといけませんね。



ネッツ 92-102 キャブス

ネッツ(0勝2敗)

 カーター
  26点
   7アシスト

 キッド
  17点(6/9)
  10リバウンド
   8アシスト
   8ターンノーバー(BAD STATS)

 ジェファーソン
  22点(7/11)
   8リバウンド


キャブス(2勝0敗)

 レブロン
  36点
  12アシスト
   3スティール

 グッデン
  14リバウンド


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/494-6b57d99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。