FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ウォリアーズVSジャズ TV観戦レポート

ウェスタンカンファレンス
 カンファレンスセミファイナル GAME1


会場 エナジーソリューションアリーナ(ソルトレイクシティー)



ウォリアーズ

 デイビス
 ジャクソン
 リチャードソン
 バーンズ
 ビエドリンシュ


ジャズ

 ウィリアムス
 ギリチェック
 キリレンコ
 ブーザー
 オクァー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 放送は0-2でジャズがリードしているところから始まりました。
 序盤の得点はほぼ互角。ただ、ペースは完全にジャズです。ジャズは自分たちのペースで自分たちのバスケをしています。
 マーベリックスと違いスピードに対してスピードで対抗しようとしていないので、ウォリアーズはものすごくやりにくそうです。
 その上、隙は見逃しません。序盤からジャズは10点をリードします。
 ジャズはマーベリックスがやれば良かったことを全てやっています。しっかりとディフェンスし、ハーフコートでじっくりと確率の高いシュートを選択する。速攻には速攻で、スリーにはスリーで、ドライブにはドライブで対抗するなんてウォリアーズの好きな展開にしません。
 しかし、ウォリアーズもだてにマーベリックスを破って勝ち上がってきていません。
 残り3:51にはハリントンがカウントワンスローを決め、24-24の同点に追いつきます。
 ウォリアーズは持ったら即打てって感じのシュートが確率良く入ってますね。
 そのため、試合はハイスコアゲーム。ジャズのペースには見えますが、この得点はウォリアーズペース? どっちに流れが行くでしょうか。
 第1クォーターは35-37とジャズがリードして終了します。
 すごいハイスコアゲームです。


第2クォーター

 キリレンコのブロックが冴え渡っています。第2クォーター開始早々5ブロック目。
 ドライブしてくる選手をブロックするのはキリレンコの得意技です。ウォリアーズのオフェンスはこのパターンが多く、見事なまでに餌食になっています。
 そのため、ウォリアーズのオフェンスは崩れ気味で、開始から2分以上点が入りません。
 キリレンコを意識してか、どうしてもスリーが多くなっています。しかし、スリーがそうポンポン入るわけもありません。
 ジャズは順調に点を重ね、35-43と8点をリードします。
 ところが、入り出すと止まらないのが今のウォリアーズです。一気に得点を重ね、残り7:21にはデイビスのレイアップで45-43と逆転に成功します。
 激しい点の取り合いになってきました。こうなるとウォリアーズのペース。
 残り4:46にはデイビスがダンク! 54-50! ウォリアーズ4点リード!
 ジャズはすぐにタイムアウトを取って修正します。
 しかし、依然として点の取り合いの様相。しかし、残り2:20、ハープリングがレイアップを決め、59-61とジャズが逆転します。
 激しい点の取り合いの末、66-63とウォリアーズが3点をリードして前半を終了します。
 前半の数字はほとんどが互角です。アシストだけはジャズが多いので、ジャズの方がボールは回っていると言えます。



第3クォーター

 まずはバーンズのスリーが決まり、リードは6点に広がります。
 ジャズはペースを切り替えて、じっくりとオフェンスを展開するようにしてきました。ここでキチンとコントロールできるのは大きいですね。マーベリックスはこれができませんでした。
 残り8:37、リチャードソンがディフェンスを振り切って豪快なダンク! さすが元ダンクチャンプ! すごいダンク! 75-70、5点差になります。
 1点差で迎えた残り4:31、キリレンコがファールを受けてフリースロー。一本を決めて79-79の同点となります。
 ジャズがペースを落としたため、得点のペースが落ちてきました。しかし、お互い決めたら決め返す、外したら守る、を繰り返しています。
 残り2分を切って82-82の同点です。
 1点差で迎えた残り30.2秒、ジャクソンが一瞬の隙をついてダンク! 87-84! 3点差!
 さらに残り1.2秒、ハリントンのジャンパー! 89-84!
 ウォリアーズが5点をリードして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ジャズが相手のミスをついて連続得点。93-90と3点差に詰め寄ります。
 5点差で迎えた残り9:24、オクァーがこのクォーター早くも二本目のスリー! 95-93! 2点差!
 残り7:46、ブーザーがフリースローを一本決めて95-94、1点差!
 2点差で迎えた残り7:24、ウィリアムスがファールを受けながらレイアップ! カウントワンスロー! フリースローは外しますが、同点!
 しかし、すぐにピートラスがスリー! 99-96!
 ジャズもすぐにハープリングが返し、99-98!
 すぐにリチャードソンがスリー! 102-98! 4点差!
 また点の取り合いになってきました。これはウォリアーズペースでしょうか?
 残り6:00、今日大活躍のウィリアムスが5つ目のファール! これはジャズにとって痛い!
 しかし、代わりに出てきたブラウンが速攻からレイアップで102-100! 2点差!
 さらに残り4:36、キリレンコのスティールからブラウンが速攻! 102-102! 同点!
 お互いシュートを外しません。そして、この重要な場面でキリレンコがジャクソンをブロック!
 残り3:26、ブーザーのフック! 104-106!
 しかし、リチャードソンがスリーでお返し! 107-106!
 残り2:55、ウィリアムスのジャンパー! 107-108! ジャズ再びリード!
 残り2:39、またもキリレンコがジャクソンをブロック! すごいブロック力です。
 ジャズ2点リードで迎えた残り1:58、バーンズはフリースローを一本決めて108-109! 1点差!
 さらに残り1:24、バーンズがレイアップ! 110-109! ウォリアーズ逆転!
 残り1:14、ウィリアムスがレイアップ! アンドファール! 110-111! フリースローも決まって110-112! 2点差!
 残り33.1秒、こぼれ球を拾ったリチャードソンが速攻! キリレンコが追いつきますが、ファール!
 リチャードソンはフリースローを二本とも決め、112-112! 同点!
 残り17.0秒、オクァーのミススリーのオフェンスリバウンドを奪ったブーザーがフック! 112-114! ジャズ2点リード!
 タイムアウト! ウォリアーズ!
 タイムアウト明け、ウォリアーズはデイビスが引きつけてジャクソンのスリー! ミス! リバウンドはハープリング!
 ウォリアーズはすぐにファールします。残り時間は7.7秒。
 ハープリングはフリースローを二本とも決め、112-116! 4点差!
 最後のシュートも決まらず、ジャズが勝利しました。



最終スコアは112-116でジャズの勝利。
ジャズはペースのコントロールが上手かったですね。隙をついて早く攻めたり、それで相手ペースになったら徹底的にハーフコートオフェンスをしたりと巧みでした。
また、オフェンスリバウンドを連続で奪われる場面もありましたが、全体的にはしっかりとリバウンドを取っていました。
ディフェンス面でもスリーを止める時は、多少のドライブによる失点は捨ててでも広く守り、ドライブを防ぎたい時はブーザーとキリレンコがインサイドでどっしりと構えていました。切り替えが本当に上手かったです。
それでもここまで追いすがったウォリアーズの勢いはすごいですね。
ただ、リバウンドが取れませんでした。ブーザー、オクァー、キリレンコの三人だけにチームリバウンドを上回られてしまいました。
これだけスリーを連発する戦い方であれば、もう少しリバウンドを取らないと勝ち目はないと思います。



ウォリアーズ 112-116 ジャズ

ウォリアーズ(0勝1敗)

 デイビス
  24点
   7アシスト

 リチャードソン
  21点
  10リバウンド
   3スティール

 バーンズ
  20点
  10リバウンド
   4スティール

 ハリントン
  21点

 ジャクソン
  16点
   3スティール


ジャズ(1勝0敗)

 ウィリアムス
  31点
   8アシスト

 ブーザー
  17点
  20リバウンド
   3スティール

 オクァー
  21点
  11リバウンド
   3スティール

 キリレンコ
   7リバウンド
   7ブロック

 ハープリング
  21点(7/11)


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/495-3f38db78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)