バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラプターズVSネッツ TV観戦レポート

イースタンカンファレンス
 ファーストラウンド GAME6


会場 コンチネンタルエアラインズアリーナ(ニュージャージー)

ラプターズ

 カルデロン
 パーカー
 ピーターソン
 ボッシュ
 バグニャーニ


ネッツ

 キッド
 カーター
 ジェファーソン
 モーア
 コリンズ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはモーアのジャンパーでネッツが先制します。
 両チームともディフェンスがなかなか機能しています。簡単に得点を許しません。
 ただ、リバウンドはややネッツが優勢に見えます。
 ラプターズはパーカーが好調。いい動きをしています。
 お互い、手探りのような状態で試合をしています。なかなかエンジンをかけませんね。
 残り2:26にジェファーソンがフリースローを二本決めて17-17の同点。ロースコアゲームです。
 ラプターズは前の試合で病院に運ばれたフォードが、ユニホームを着てはいるもののスターターではありません。
 その代わりにスターターを務めているカルデロンが、元気の良いプレーを見せています。
 そして残り1:12、フォードがコートに出てきました。
 第1クォーターは完全に様子見。21-21の同点で終了します。


第2クォーター

 ラプターズはフォードが連続でシュートを決め、27-24とリードします。ケガの影響はないようですね。一安心です。
 フォードのケガの位置は首に近い背骨みたいですが、今回で3回目のようですね。同一箇所を何度も故障するのは危険ですね…
 試合はフォードとキッドの入れあいになってきました。こうなると、アシスト能力で勝るキッドの方が有利な気がしますが…?
 NBAコミッショナーのスターン氏が観戦しています。ファーストラウンドで決着がついていないのはこことロケッツVSジャズだけですから、気になるのでしょうか? インタビューを受けていますが、当然わたしには何を言っているのかわかりません(>_<)
 ネッツはキッドの確率が良い分、カーターとジェファーソンがいまいちですね。なかなか得点が伸びません。
 残り3:15でキッドがフリースローを一本決めて39-38、ラプターズが1点リードしています。
 NBAの歴史で、プレーオフでのトリプルダブルの記録が紹介されました。
 キッドはバードと並んで2位の10回。1位はマジックの30回! とんでもない記録です。1位と2位の差があまりにも大きいです。
 ラプターズはディフェンスが冴えています。シュートも53%とまずまず。ただ、ターンノーバーが多いですね。
 ネッツはシュートが決まりません。
 残り50.1秒、ディクソンのスリー! 44-40! 4点差!
 さらにディクソンがキッドからスティール! そしてバグニャーニのジャンパー! 46-40! 6点差!
 残り8.6秒、ナックバーのスリー! 46-43!
 3点差で前半が終了します。



第3クォーター

 まずはモーアのフォローアップダンク! 1点差となります。
 さらにスティールからネッツの速攻。シュートは決まりませんでしたが、ジェファーソンがフリースローを二本とも決めてあっさりと逆転します。
 しかし、バグニャーニがすぐに二本返して、再びラプターズが4点リード。
 残り9:24、ジェファーソンのオフェンスファールに怒ったフランクHCがテクニカルファール。テクニカルフリースローも決まって、ラプターズのリードは5点に広がります。
 残り8:19、ラプターズは早くもチームファール5つ目。今後、このクォーターのファールは全てフリースローになります。早すぎますね。
 ネッツはキッド、カーターが決め、さらに残り8:02、ジェファーソンのダンク! 一気に逆転!
 ラプターズも負けていません。残り7:31にはカーターのダンクをボッシュがブロック! そう簡単に流れを渡しません。
 残り6:11、バグニャーニがスリー! 55-54! 再び逆転!
 試合は逆転に次ぐ逆転。シュートの確率も高く、白熱してきました。
 しかし、緊迫した同点の場面、残り3:33にネッツはパスミスでターンノーバー。こういうミスは痛いですね。
 そして残り3:23、カルデロンがレイアップを決めカウントワンスロー。フリースローもしっかり決めて65-62。3点差。
 しかしネッツも返します。残り2:35にはキッドからジェファーソンへアリウープ! 流れを渡しません。
 3点差で迎えた残り1:52、キッドのパスをコリンズがしっかりと決めて65-70! ネッツ5点リード!
 このクォーター、同点に並んだのが4回、リードが入れ替わったのが11回。すごい接戦ですが、ネッツが走り出しました。
 さらにナックバーが速攻を決めて65-72、7点差になります。
 点差は変わらず7点差のまま、68-75で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 開始早々、ナックバーがスリーを決めて10点差!
 しかし、ラプターズもフォードの活躍で点を重ね、再び5点差まで詰め寄ります。
 残り10:35、またもネッツのパスミス。少し目立ちますね。
 またもキッドのパスミス。速攻に持ち込まれ、オフェンスファールを狙いますが、ブロッキングファール。パーカーはフリースローを二本とも決めて77-80! 3点差!
 残り8:55、コリンズのフリースロー。一本目は外れ、二本目は入りますが、なんとレーンヴァイオレーションでノーカウント。ラプターズボール。ここにきてネッツはミスが目立ちます。
 そしてカルデロンがジャンパーを決めて79-80、1点差!
 リードされてはいますが、ラプターズの方が落ち着いているように見えます。負ければ終わりの試合、この状況で大したものです。ただ、これを最後まで保てないと意味がありません。
 ネッツのイヤなムードを払拭したのはカーターでした。残り6:56、ピーターソンを抜き去って強烈なダンク! 83-87! 4点差!
 残り6:34、カルデロンがスリーに対するファールを受けてフリースローを得ます。しかし、一本しか決められず、84-87、3点差です。
 4点差で迎えた残り5:27、ボッシュが力強いプレーでカウントワンスロー! フリースローも決めて87-88! 1点差!
 ネッツはカーターの調子が上がってきました。たびたび苦しいところでチームを救っています。
 逆にラプターズは徐々に焦りが見えてきたような…?
 しかし、まだ5分あり、点差は3点。どちらが勝つかわかりません。焦るほどの場面ではないはずです。
 そこでラプターズはタイムアウト。見事に落ち着きを取り戻し、残り4:31にパーカーからのナイスパスをボッシュが豪快にダンク! 91-92! 1点差!
 さらに残り3:52、パーカーとボッシュのピック&ロールでファールをもらいます。
 ボッシュはフリースローを二本とも決め、93-92! 逆転!
 また同点や逆転を繰り返す展開になります。両チーム一歩も引きません。
 ボッシュがこんなに終盤に強いとは思いませんでした。
 ネッツ1点リードで迎えた残り1:49、なんとカーターは審判にパス! アウトオブバウンズでラプターズボール! これは痛い!
 しかし、ラプターズはこのチャンスを活かせず。リードはネッツのまま。
 それでも守りきり、再びラプターズボールでタイムアウト。残り時間は1分を切りました。
 タイムアウト明けの残り47.9秒、ボッシュのジャンパー! 97-96! ラプターズ逆転!
 残り38.0秒、カーターのスリーはミス! リバウンド、ラプターズ!
 タイムアウト明け、ボッシュのジャンパーはミス! リバウンド、ネッツ! 残り12.6秒でネッツのタイムアウト!
 残り8.3秒、ジェファーソンのレイアップ! 97-98! ネッツ逆転! タイムアウト、ラプターズ!
 この試合、ここまで同点に並んだのが13回、リードチェンジは実に22回! 壮絶な試合です。
 最後、ボッシュに入れようとしたカルデロンのパスはジェファーソンがスティール! 試合終了!
 通っていればほぼ確実にダンクが決まっていたパスを見事にカットしました!



最終スコアは97-98でネッツの勝利。
壮絶な試合でした。最後の最後でネッツの経験がわずかに上回ったと言うことでしょうか。
しかし、ラプターズも初出場のプレーオフ、コーチも含めてほとんど経験のない状態で、最後まで競ったのは素晴らしいと思います。
特にボッシュが初出場で追い込まれた状態の試合終盤でこれだけのプレーをするとは。もう少しインサイドで力強いプレーができるようになれば、手に負えない選手になると思います。もしかするとレブロン、カーメロ、ウェイドよりものすごい選手になるかも。是非、この屈辱をバネに這い上がって欲しいですね。
エースであるボッシュがこれだけやって負けたのであれば悔いは少ないはず。ガルバホサも抜けた状態でしたし、ラプターズは今後の躍進が大きく期待できます。
負けはしましたが、来シーズンはラプターズを応援しようかな、と思うくらい素晴らしい戦いぶりでした。
ネッツはミスが多く出ましたが、それでも辛抱強く耐えましたね。
パニックにならなかったところは、さすが経験豊富な選手たちです。
キッドの統率力がさすがの一言ですね。



ラプターズ 97-98 ネッツ

ラプターズ(2勝4敗)
 ファーストラウンド敗退

 ボッシュ
  23点
   7リバウンド
   9アシスト
   3ブロック

 バグニャーニ
  17点
   7リバウンド


ネッツ(4勝2敗)
 カンファレンスセミファイナル進出!

 キッド
  18点
   8リバウンド
  15アシスト

 ジェファーソン
  24点

 カーター
  21点


スポンサーサイト


コメント

ふたたびこんにちは(*^▽^*)



なかなか見応えのある試合だったようですね。

ラプターズ、たった一年で

去年とはまるで違ったチームに生まれ変わったようです。

GMの手腕ですか?

ジェファーソン、カーターも頑張ったようですね。

残るは1チーム、ジャズかロケッツか

私はロケッツがうれしいかなぁ
[2007/05/05 16:58] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、再びこんばんは♪



前半はちょっと確率悪かったですが、後半は本当にすごい試合になりました。

ラプターズの躍進はGMの手腕が大きいですね。

そして、ボッシュの成長。

あれだけ大幅に選手を入れ替えて成功したわけですから、大したものです。

ネッツの勝因は経験ですね。この大事な試合、あれだけミスをすれば普通はズルズルと崩れていくのに、崩れなかったのは見事です。

6試合平均でトリプルダブルだったキッドの活躍が大きいですね。

そのキッドを3倍も上回るトリプルダブルをプレーオフで記録しているマジックっていったい…



わたしもロケッツの方が良いんですが、この6試合の戦いぶりはジャズの方がしっかりしてるかな、と言う気がします。

ただ、ロケッツのホームですからね。どうなるか見物です。
[2007/05/05 19:52] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/503-5b62a757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。