FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ロケッツVSジャズ TV観戦レポート

ウェスタンカンファレンス
 ファーストラウンド GAME6


会場 エナジーソリューションアリーナ(ソルトレイクシティー)



ロケッツ

 アルストン
 マグレディー
 バティエ
 ヘイズ
 ヤオ


ジャズ

 ウィリアムス
 フィッシャー
 キリレンコ
 ブーザー
 オクァー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはヤオのティップインでロケッツ先制!…と思いきやルースボールファール。ノーカウントです。
 ジャズがキリレンコのダンクで先制します。
 キリレンコが好調です。スティール、シュート、リバウンド、ブロックと序盤から飛ばしています。
 逆にヤオの調子がおかしいです。開始8分で既に4ターンノーバー。ミスが多すぎます。
 ペースはジャズ。ロケッツも辛抱強くついて行きますが、かなり苦しんでいます。
 ソルトレイクシティーなのに、なぜかロケッツに対するディーフェンス!ディーフェンス!の声が聞こえます。
 2人ほどの声ですが、すごい声です。同時に、すごい度胸だと思います。ソルトレイクシティーはかなり熱狂度の高い地域なので、ビジターチームを応援するのはかなり勇気がいります。よほど熱狂的なロケッツファンなんですね。
 その声に後押しされたのか、ロケッツが立て直して22-20と2点リードで第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 なかなか重苦しい雰囲気です。シュートが決まっていないわけではないんですが、両方ともディフェンスがしっかりしているのと、ハーフコートオフェンスが基本なので、すごく重苦しく感じます。
 そんな中、残り8:59にはロケッツが速攻からハワードのレイアップ。29-24と5点をリードします。
 試合は3~7点差で進んでいきます。双方、時間をたっぷり使ってオフェンスをするので、重苦しい割に試合時間が経過するのがやけに早いです。
 3点差で迎えた残り5:11、ミルサップのブロックからジャズの速攻! ブーザーがレイアップを決めてカウントワンスロー! フリースローも決めて33-33! 同点!
 このところ、ミルサップの活躍が目立ちます。大したルーキーです。
 2点差で迎えた残り4:08、ハワードのファールを受けたオクァーがハワードを突き飛ばします。なのになぜかハワードにテクニカルファール! ハワードが猛抗議しますが受け入れられません。
 確かに激しいファールでしたが、あれでハワードがテクニカルファールは厳しすぎるような…と、言うかなぜ突き飛ばしたオクァーはお咎めなし?
 オクァーはテクニカルフリースロー一本とパーソナルファール分のフリースローを二本、全てを決めて35-36とジャズが逆転します。
 ロケッツはすぐに返しますが、すぐにウィリアムスがスリー! 37-39! 2点差!
 試合はリードが入れ替わったり、同点になったりとどちらもペースを掴めないまま進んでいきます。
 観客は先ほどのオクァーとハワードの揉め事からヒートアップしてきていますが。
 そんな中、ベンチメンバーの奮起でリードを奪ったジャズが、43-46と3点をリードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはオクァーのスリーで始まり、43-49とジャズがリードを広げます。
 お互い高確率でシュートを決める出だしとなりました。この両チームにしては次々と得点が増えていきます。
 8点差で迎えた残り8:12、ブーザーのフックが決まって50-60! 10点差! この試合初めての二桁リードです。
 再び8点差で迎えた残り5:37、オクァーのスリー! 54-65! 11点差! この試合、ここまでジャズのスリーは5/5、100%です。
 ロケッツはミスが目立ちます。ターンノーバーが増えているので、しっかりと締めたいところ。
 ジャズはしっかりとしたオフェンスで得点を重ねるのに対し、ロケッツはフリースローでのみ得点しています。ジャズがいかに激しいディフェンスをしているかがうかがえます。
 そのフリースローをなんとか確率よく決め、ロケッツも辛抱強くついて行きます。
 残り1分を切って62-68の6点差。しかし、ペースはジャズと言っても良いでしょう。
 この後、両チームともシュートを決めることができず、6点差のまま最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 開始早々、オクァーが4つ目のファール。少し痛いですね。
 また、そのファールで得たフリースローをヤオがしっかりと二本とも決めて64-68の4点差となります。
 3点差で迎えた残り9:12、ヤオのフックをキリレンコがブロック! キレイなブロックでした。
 試合は1~5点差で進んでいきます。ジャズのペースではありますが、この重苦しい展開はロケッツの方が得意かもしれません。
 残り5分を切っても、両チームとも決定的なものを掴めません。本当に重苦しい試合です。
 得点は74-77の3点差でマグレディーのフリースロー。二本とも決めて76-77。残り時間は4:37です。
 3点差で迎えた残り3:50、キリレンコのジャンパー! 76-81! 5点差!
 キリレンコ、今日は大活躍です。
 残り3:39、マグレディーのパスをヤオがダンク! 78-81! 再び3点差!
 しかし、ジャズも返します。ウィリアムスのジャンパーで5点差!
 残り3:00、ヤオが絶好のチャンスで3秒オーバータイム! ジャズボール! 今日のヤオはミスが多すぎます。
 残り2:49、ブーザーがフリースローを二本とも決めて78-85! 7点差!
 ここにきてロケッツはシュートが入りません。マグレディー、ヤオと外してしまいます。
 そして残り2:06、オクァーのスリー! 10点差! 完全にジャズのペースになりました。
 時間が経過しても、もうロケッツはファールゲームにもいきません。諦めました。



最終スコアは82-94でジャズの勝利。
とにかく、とんでもなく重苦しい試合でした。
なので、ジャズがリードしていてもロケッツが得意な展開かな、とも思いましたが、あれだけシュートが入らないとどうしようもありません。
逆にジャズは全員でしっかりと得点していましたね。
キリレンコがオフェンスにディフェンスに大活躍で、珍しくジャンパーもよく決まっていました。
ブーザーとオクァーも期待通りの活躍をし、ミルサップやギリチェックはベンチから出てきて元気の良いプレーをしました。
一方、ロケッツはベンチメンバーがほとんど活躍しませんでした。また、ヤオがあれだけミスすると流れを作ろうとしても作れません。
次はいよいよGAME7、最終戦です。



ロケッツ 82-94 ジャズ

ロケッツ(3勝3敗)

 マグレディー
  26点
  10リバウンド

 ヤオ
  25点
   8ターンノーバー(BAD STATS)


ジャズ(3勝3敗)

 ブーザー
  22点
   9リバウンド

 オクァー
  19点
   9リバウンド
   3スティール

 ウィリアムス
  15点
   8アシスト

 キリレンコ
   3スティール
   5ブロック


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんにちは(*^▽^*)



ロケッツVSジャズはホームコートの方が

勝利するそんな展開ですね。

ついに7戦までいってしまうんですね

私としてはロケッツに勝利してほしい。

ベンチメンバーも次は頑張って

チーム一丸となってやってほしいです(*^-^*)
[2007/05/04 20:19] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



ロケッツはアウェーでは別のチームになりますね。

マグレディーはアウェーに強い選手のはずなんですが…周りがついていけてないんでしょうか。

今日に関しては完全にヤオが悪かったです。ターンノーバー多すぎで、チャンスを潰していました。シュートも低調でしたし。

ジャズはキリレンコがすごかったです。あれだけエネルギッシュなキリレンコは久しぶりに見た気がします。 
[2007/05/04 22:42] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/505-ee975035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)