FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



明日からファイナル

いよいよ明日からNBAファイナルです。
ようやくって感じですね~

さて、お互いに相手のエースを抑えられるかが鍵になります。
キャブスはレブロン、スパーズはダンカンの出来が勝敗にかなり左右するため、彼らが封じ込められると厳しくなります。

キャブスがダンカンをどこまで苦しめるか、が気になりますね。
キャブスのインサイドの三人では、グッデンはサイズが小さく、ヴァレイジャオは荒削りで、イルガウスカスは動きが遅い。ダンカンに1on1でつける選手はいないと思います。
そうなればダブルチーム、トリプルチームで対処することになりますが、ダンカンはパスアウトが上手いので、外からフィンリー、ジノビリ、オーリー、ボウエンなどに決められる恐れがあります。ディフェンスのローテーションを上手くしないと、ひどい目にあいそうです。
オフェンスではイルガウスカスのシュートレンジの広さを有効に使いたいところ。それでダンカンをゴール下から引っ張り出せればしめたものです。
ただ、スパーズはキャブスよりインサイドが強力かつシュートレンジの広いジャズを粉砕しましたから、どこまで通用するかは未知数です。
個人的にはヴァレイジャオがハッスルプレーを見せればチームも乗るのでは?と思っています。

スパーズはレブロンに対してどういう対処法を取ってくるでしょうか。
ある程度やられることは計算して、徹底的にボウエンに一人でつかせるか、それともレブロンを二人三人つけてでもシャットアウトしようとするか…
どっちにしてもキャブスのダンカン対策ほどは苦労しない気はします。


もう一つ、鍵を握るのはフリースローです。
両チームとも実はそれほど確率がよくありません。
ところが、カンファレンスファイナルではよく決めたので、勝ち抜くことができた要因の一つになっています。
普段の調子だったら負けてたであろう試合がいくつかありましたしね…



まあ、開始前にゴチャゴチャ言っててもしょうがないですね。
蓋を開けてみれば周囲の予想がまるで当たらなかったことはよくあります。
予想通りってこともよくありますが…
結局はやってみなければわかりません。
だから面白いんですけどね(≧▽≦)


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/538-fd8d873b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)