FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



残すはファイナル

NBAの長いシーズンも、いよいよ7日(日本時間8日)からのNBAファイナルを残すのみとなりました。
進出したチームはイースタンはキャブス、ウェスタンはスパーズです。
新旧対決の感があって、なかなか盛り上がりそうです。

キャブスはカンファレンスファイナルで、レブロンがワンランク上に登った感があります。ルーキーのギブソンも大いに自信をつけたと思います。
また、イルガウスカスが存在感を示していて、レブロンを大いに助けていました。

スパーズはプレーオフに入って本領を発揮しました。ジノビリが復調し、何と言ってもダンカンの活躍がものすごいです。アマレのような速い選手も、ブーザーのようなどっしりと力強い選手も圧倒しました。
また、オベルトがオフェンスリバウンドに貢献し、ダンカンの負担を減らしています。



スパーズがレブロンへの対策をどのように取ってくるかが興味があります。
何と言ってもディフェンススペシャリストのボウエンがつくわけですし、レブロンもそうそう好き勝手にはできないでしょう。
また、スパーズはイースタンのどのチームよりディフェンスのローテーションが優れているので、ボウエンが一人で無理をする必要もないでしょう。
ジノビリもドライブする選手の軌道にいつの間にか入っていてオフェンスファールを誘発するのが上手いので、これに引っかかるとレブロンはペースが乱れるかもしれません。
そして、ボウエン、ジノビリをかいくぐってもダンカンが待ちかまえています。
そうなると、レブロンが捌いたパスを、いかに他の選手が確率よく決められるかが重要になってきます。
なお、レブロンには好き勝手させて他の選手を抑える方法を取ってくる可能性もあります。

キャブスはイルガウスカス、グッデン、ヴァレイジャオがどこまでダンカンに対抗できるかが鍵を握るでしょう。
ダンカンは、ネネ(ナゲッツ)とトーマス(サンズ)にはそこそこ苦戦していましたが、それ以外のウェスタンの強力インサイド陣をことごとく粉砕してきたと言っても過言ではありません。
また、オベルトが影に徹してダンカンをサポートしてきました。

インサイドは完全にスパーズが有利です。
キャブスはレブロンが切り込んでディフェンスを切り崩したり、イルガウスカスがディフェンスを引きつけた後、パスアウトからヒューズ、ギブソン、マーシャルなどが外のシュートを決めきらなければなりません。

スパーズはレブロン一人が頑張って勝てる相手ではありません。
VSピストンズのGAME5のような活躍は4~7試合も通してできるわけがないのです。
また、ピストンズはプリンスがレブロンへのディフェンスに集中するあまり、シュートが大スランプに陥り、点が伸びませんでした。
しかし、スパーズはボウエンが点を取れなくてもそれほど痛手ではありません。安心してボウエンはディフェンスに専念できるのです。



昨シーズンのウェイドに続いてレブロンがチャンピオンリングを獲得するのか、それともダンカンがまだまだ世代交代を許さないとばかりに4つ目のリングを獲得するのか。
楽しみです(≧▽≦)


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/541-7fe10576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)