バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィル・ジャクソン殿堂入り

随分長くメンテナンスしていましたね。
表示されていた終了予定時間になっても、なかなか復旧しませんでしたし…
危うく、連続更新記録が途絶えるところでした。

さて、ヘッドコーチとしてブルズを6回、レイカーズを3回、優勝に導いたフィル・ジャクソンが殿堂入りを果たしました。
史上最多タイの9回の優勝ですから、文句なし…と思いきや、ブルズではジョーダン、レイカーズではシャックがいたから当たり前、と批判的な意見がそこそこ出ているようです。
でも、ジョーダンを擁していてもブルズはダグ・コリンズ時代にはピストンズの壁を打ち破ることはできませんでしたし、レイカーズもシャックを獲得して強豪にはなっていたものの、フィル・ジャクソンが来るまでは優勝に縁遠かったのは確かですからね。
リーグナンバー1の支配力を持つ選手を擁していたから優勝できた、って考え方はいささか単純だと思います。
それに、今のレイカーズの戦力でプレーオフに出られているのは紛れもなくフィルの力、ウォルトンやバイナム、クックなどはフィル以外のコーチの下ではとても今ほど活躍できない、と言われています。
選手の能力を引き出すコーチング能力は抜群なのですから、素直に認めればいいと思うんですけどね。


スポンサーサイト


コメント

昔何かの記事で、JordanやShaqといった

スーパースター以外のロールプレーヤーの

使い方が上手で、確かに100人近くの選手達に

リングをもたらしたのは評価されるって書いてました。

スターが居ても勝てないチームがある中、

当時のCHIとLALは、チャンプにふさわしいチームでしたね。
[2007/09/10 08:00] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



特にブルズ時代、キングとかハンセンとかタッカーとか、ブシュラーとかランディ・ブラウンとか、活躍させてましたよね。

彼らは移籍した途端に活躍しなくなりましたし、いかにフィルの使い方が上手かったかの証明の一つになりますよね。

スーパースターがいるだけで(コーチが誰でも)優勝できるなんて単純なものじゃないので、穿った目で見ずに評価してあげて欲しいですね。
[2007/09/10 19:10] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/629-0e9486bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。