バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナゲッツVSレイカーズ TV観戦レポート

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ナゲッツ

 カーター
 アイバーソン
 カーメロ
 マーティン
 キャンビー


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ラドマノビッチ
 オドム
 バイナム

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 開始から2分近く経ってようやくカーメロのジャンパーが決まり、ナゲッツが先制します。
 ナゲッツのオフェンスが好調です。特にカーメロのシュートにブレがありません。キレイに決まっています。
 ただ、アリウープを狙いすぎて失敗しています。
 レイカーズはシュートがなかなか決まらないのですが、それ以上にターンノーバーが多いです。落ち着いて試合を展開したいところ。
 残り1:32、JRのレイアップミスを、キャンビーが後ろから走り込んできて豪快にフォローアップダンク!
 すさまじいダンクでした。まだ第1クォーターですが、今日一番のプレー間違いなしです。それくらいすごかった。
 33-21とナゲッツが12点リードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ナゲッツの勢いが止まりません。さらに点差を広げて17点差になります。
 しかし、レイカーズのベンチメンバーが奮起します。ファーマー、ウォルトン、ブヤチッチが次々とシュートを決め、一気に9点差とします。
 ところが、まだターンノーバーが多いです。結局そこから速攻につなげられ失点します。
 オドムのダンク、フィッシャーのスリーなどで徐々に点差を詰めていきますが、カーメロを全く止められません。
 ナゲッツの選手たちはレイカーズのディフェンスに苦しみ始めていますが、カーメロだけは苦もなくシュートを決め続けています。
 アイバーソンが良くありません。いったんボールを持つと自分で最後まで行こうとして自滅しています。
 カーターが完璧にフリーなのに自分で行って外したシーンもありました。勝てない頃のアイバーソンを見ているようです。
 4点差で終わるかと思われましたが、ブザーと同時にコービーのジャンパー! ボールが手を放れたのは残り0.15秒くらいでした。
 57-55で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはバイナムのフリースローが一本決まり、1点差になります。
 ナゲッツは3分経っても1点も取れません。差はどんどん開き、57-66と一気に9点差がつきます。
 4分20秒経って、ようやくカーメロがジャンパーを決めてナゲッツの点が動きます。
 相変わらずカーメロだけは良いのですが、他がボロボロです。特にアイバーソンがひどい。自滅ばかりしています。
 レイカーズはかなり調子が上がってきましたがターンノーバーだけは相変わらず連発しています。
 これまで改善されていたらナゲッツは全く為す術がなかったでしょう。
 アイバーソンやJRなどの自滅組が少し調子を取り戻して点差を詰め、75-81で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 開始直後は双方ベンチメンバーを中心です。
 ベンチメンバー対決はレイカーズが圧倒。ターンノーバーもでなくなり、シュートは決まり、ディフェンスも良い感じです。
 ナゲッツはなにもできません。かろうじてシュートが少し入っただけです。
 どんどん差が広がっていき、3分半で81-96と15点差に広がります。
 残り6:18、カーメロがブヤチッチに喉輪をした感じとなり、一発退場。不可抗力に見えなくもなかったですが、危険なプレーなのは間違いありません。
 フレイグラントファールは当然の判定です。
 結局、これでさらに調子の崩れたナゲッツに反撃する力はありませんでした。



最終スコアは99-127でレイカーズの勝利。
レイカーズは最終的にターンノーバーの多さを修正しましたね。
スターターよりベンチメンバーが元気な試合でした。
特にブヤチッチが良かったです。
最初こそターンノーバーが多く、ゴール下に入り込んでもキャンビーにブロックされるシーンが見られましたが、ベンチメンバーが外のシュートを決めることによってかなり改善されました。
ナゲッツはアイバーソンとJRが試合を壊しました。
今日のこの二人は自滅パターンで、突っ込んでは阻まれ、突っ込んでは阻まれ、でした。
それでもムキになるので、完全に負の連鎖を起こしていましたね。
さらにとどめがカーメロのフレイグラントファール。
終盤に差を広げられていらついたんでしょうが、あんなファールはするものではありません。
喉でしたから、下手したら相手は死にますよ。
最初に見た時はたまたま当たっただけに思えたんですが、ブヤチッチがあれだけ長時間苦しんでいた所を見ると、たまたま当たったのはちょっと考えにくいです。わざとやったと見ていいでしょう。最悪です。
一人だけ絶好調だったのに、まわりが自滅を始めて点差がどんどん開いていったのでいらつくのはわかりますが、絶対にやってはならないことでした。



ナゲッツ 99-127 レイカーズ

ナゲッツ(9勝7敗)

 カーメロ
  23点(FG 11/15)
  フレイグラントファールで一発退場

 アイバーソン
  21点
   3スティール

 キャンビー
   9リバウンド
   3ブロック


レイカーズ(9勝6敗)

 コービー
  24点
   7アシスト

 ブヤチッチ
  22点

 バイナム
  13リバウンド


スポンサーサイト


コメント

前半だけ観て、ハーフタイムに寝てしまったので、

結果を見てビツクリ。

というか、Meloが退場したのがビツクリ。。。

LALはバイナムがしっかり成長してますね。

将来オラジュワンまでは行かないまでも(無理ですね)、

オールスターぐらいにはなって欲しいです。
[2007/12/01 23:13] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



第4クォーターに突如ブヤチッチが爆発、ついでにカーメロがいけない方向に爆発、でした。

バイナムは良いですね。さすがカリームの指導を受けているだけはあります。

スカイフックをマスターして欲しいです。
[2007/12/02 20:03] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/671-40044422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。