FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



サンズVSキングス TV観戦レポート

会場 アルコアリーナ(サクラメント)


サンズ

 ナッシュ
 バルボサ
 ヒル
 マリオン
 アマレ


キングス

 ウードリッチ
 マーティン
 アーテスト
 ムーア
 ミラー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 開始から1分半経って、ようやくアマレがシュートを決めてサンズが先制します。
 その後は序盤に入らなかったのがウソのように点の取り合いになります。
 アマレの最初のシュートが決まってから4分半で一気に18-19とかなりのペースで得点を重ねていきます。
 サンズは、アーテスト、ムーア、ミラーのディフェンスに苦しんでいます。いつものキレがありません。
 それでもついていっているのはさすがですが。

 スキナーのヒゲが下半分だけ金髪になっています。どういうファッションなんでしょうか。思いつきもしなかった新感覚を見た気がします。

 双方タイムアウトを取ってディフェンスを強化したため、得点のペースが少し落ちました。
 27-26とサンズが1点をリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 一転して全く点が入りません。
 キングスは良いディフェンスを展開しています。しかし、オフェンスでミスが多く、得点は伸びません。
 このクォーター、開始して4分半で5-5です。
 少し改善はされましたが、それでも両チームとも攻めあぐみなかなか点が取れません。
 それでもサンズはなんとか得点を取っていき、徐々に差を開いていきます。
 終了ブザーと同時にスキナーがロングスリー! なんとキャリア初のスリー成功です。
 そして、これが効きました。55-47と8点差となって前半を終了します。



第3クォーター

 まずはヒルのジャンパーで10点差となります。
 再び第1クォーターのような点の取り合いが展開します。
 しかし、少し疑問の残るコールからキングスの流れがおかしくなりました。
 外に出そうになったボールをミラーが弾き、ナッシュに当たって出たように見えましたが、判定はサンズボール。
 当然ミラーは不服そうにしていました。
 おまけに直後にバルボサにスリーを決められ、次のオフェンスではリバウンド争いでルースボールファールを取られ、遂に審判に文句を言ってテクニカルファールを取られます。
 サンズはその乱れをついて一気に攻撃し、残り7:16にはナッシュがスリーを決め、72-55と17点差をつけます。
 その後、キングスは少し立て直し、アーテストを中心に反撃して少し点差を詰めます。
 86-74と12点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 残り9:15、ミラーが6つ目のファールを犯し、フィールドアウト。キングスは苦しみながらもついていっているだけにこれは痛いです。
 しかし、ここからアーテストを中心に猛反撃を開始。どんどん点差を縮めていきます。
 さらにガルシアやサルモンズもそれに続き、6分以上を残して92-88と4点差に詰め寄ります。
 残り5:26には、ムーアが絶妙なディフェンスでナッシュにトラベリングを誘発させます。
 さらに直後にガルシアがスリー! 1点差!
 オフェンスもディフェンスも、双方非常に気合いが入ってきました。見応えがあります。
 ただ、フリースローが入りません。
 2点差で迎えた残り3:06、アーテストのターンシュート! 同点!
 しかし、ここからキングスはアマレが止められなくなってきました。また、ボールのないところでオフェンスファールをしてしまい、自らチャンスを潰してしまいます。
 一旦6点差に広がりましたが、またもアーテストの活躍で残り44.4秒に100-98と2点差に迫ります。
 そして残り28.5秒、アマレがフリースローを得ますが、二本ともミス! 2点差のままです。
 残り9.2秒、アーテストのレイアップはミス! リバウンドはマリオン! バルボサにパスして速攻!
 しかし、バルボサはボールコントロールを失い、アウトオブバウンズ! キングスボール!
 最後のチャンスにサルモンズがスリーを放ちますが、アマレがブロック! それでももう一回放ちましたが、これも大きく外れ試合終了!



最終スコアは100-98でサンズの勝利。
最後はキングスが勢いを持っていましたが、それでもサンズが振り切りました。
アーテストとムーアは大きい選手も速い選手も守ることができ、なんとか抜いてもミラーがゴール下で待ちかまえているので、サンズは非常に苦労していました。
そのディフェンスの一角、ミラーが疑問のコールで乱れたことと、なにより9分以上残してフィールドアウトになったのは痛かったです。
彼が退場してもアーテストを中心に奮起していましたが、ミラー退場以降アマレに立て続けにシュートを決められていたことが、ミラーが数字に表れない貢献をしていたことを示しています。
サンズはすごく攻めにくそうでした。
マーベリックスがウォリアーズを苦手としているように、相性が悪いのかもしれません。
アーテストやムーアのように、アグレッシブについてくる上に、パワーがあってリバウンドも取れるディフェンダーがいるチームは苦手なのかもしれませんね。
なにしろ、PFのムーアがPGのナッシュにマッチアップしてちゃんとついていって、ある程度抑えていましたから。
双方、終盤の大事なフリースローを外していたのは頂けません。
お互い様なので相殺されたとも言えますが、どちらかがキッチリと決めていれば、サンズがもっと楽に勝っていたか、キングスが逆転勝利していました。
フリースローはやはり大事です。しっかりと決められるようにしたいものです。



サンズ 100-98 キングス

サンズ(9勝2敗)

 アマレ
  26点(FG 9/14)
  13リバウンド
   4ブロック

 バルボサ
  22点
   3スティール

 ナッシュ
  12アシスト

 マリオン
  13リバウンド


キングス(4勝7敗)

 アーテスト
  33点
  12リバウンド


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/686-31a03de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)