FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ロケッツVSスパーズ TV観戦レポート

会場 AT&Tセンター(サンアントニオ)


ロケッツ

 アルストン
 ウェルズ
 バティエ
 ヘイズ
 ヤオ


スパーズ

 パーカー
 フィンリー
 ボウエン
 ダンカン
 オベルト

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはヘイズのレイアップでロケッツが先制します。
 序盤、得点や確率は互角ですが、スパーズはややファールが多いです。早々にオベルトがベンチに下がらざるを得なくなります。
 ロケッツは最初ファールをせずに上手いディフェンスをしていましたが、次第に重なりヘイズが2ファールになりベンチに下がります。
 両チームとも展開は完全に様子見です。
 それでも、ここ数日中継されていた試合よりよほど締まって見えるのは、やはり両方強豪ゆえのしっかりしたゲーム運びができているからでしょうか。
 24-25とスパーズが1点をリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ロケッツはスコラが絶好調。打つシュートを全て決めていきます。
 一方、スパーズも全員で堅実に得点を重ねています。
 スパーズはややミスが多いです。また、ロケッツのシュートの確率がやけに良いです。
 この差によって、やや得点も差が開き、残り3:29にはバティエのフリースローで42-33と9点差になります。
 しかし、すぐにフィンリーのスリーで6点差とし、二桁差まではさせないのはさずがです。
 さらにこれを皮切りにダンカンが連続ポイント! わずか1分で9点差を2点差に縮めます。お見事!
 残り1:54にはダンカンがヤオからスティールして得たチャンスを、自らのジャンパーで締め、同点!
 両チームとも一歩も引かず互角の展開。
 それでもスパーズはさすがのゲーム運びを見せ、46-49と3点リードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはパーカーのレイアップで5点差となります。
 3~7点差で試合は進んでいきますが、ロケッツの決定率がやや落ちてきたでしょうか。
 対するスパーズは淡々と得点を重ねている印象です。
 今日はヤオの調子が良くありません。オベルト、ダンカン、エリソンなどに代わる代わる密着マークされ、思うようにオフェンスができずリズムが完全に狂っています。
 その代わりスコラが絶好調。シュートを決め、直後にジノビリからオフェンスファールを奪うなど大活躍です。
 スコラの活躍で一時1点差になりましたが、ジノビリの猛反撃で再び9点差に広がります。
 終了ブザーと同時に放たれたジェームスのシュートをエリソンがたたき落としましたが、ゴールテンディングでカウント。
 64-69と5点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 スパーズは開始早々オールコートでディフェンスを展開しますが、アルストンに隙をつかれて逆に一気にレイアップを決められてしまいます。
 しかし、ジノビリを止めることができません。ジノビリに集中するとバリーにスリーを決められたりもしています。
 逆にロケッツはアルストンが立て続けに点を取りますが、他の選手の得点が止まりました。徐々に点差が広がっていきます。
 それでも苦しみながらも辛抱強くディフェンスをし、ヤオ、スコラを連続で決めて2点差。さらにヤオがダンカンからオフェンスファールを奪い、ロケッツボール!
 AT&Tセンターは大ブーイングです。
 残り3:50、スコラがジャンパーを決め、同点! スコラはここまでFG 10/11です。
 しかし、ファールトラブルでいったんベンチに下がったジノビリが出てくると、スパーズが再びリードします。
 終盤になって、ここまで不調だったパーカーやヤオのシュートが決まり始めました。
 2~4点差を繰り返しながら残り2分を切ります。
 残り57.4秒、ジノビリのレイアップ! 84-88! 4点差!
 ヘッドが早すぎるシュートを打ったり、ヤオが決めきれなかったりとロケッツは終わったかと思われましたが、ファールゲームに持ち込むとダンカンがフリースローを二本ともミス! 首の皮一枚繋がりました。
 しかし、次のオフェンスで時間がかかりすぎ、ようやく打ったアルストンのレイアップは外れ、リバウンドを取ったヤオのダンクはダンカンにブロックされます。
 慌ててファールしますが、それで得たフリースローをパーカーがキッチリと二本とも決めて6点差。
 残り時間は8.2秒、勝負有り。



最終スコアは84-90でスパーズの勝利。
ヤオが最後に若干意地を見せたものの、終始抑えられていました。
あれだけ徹底マークされるとさすがに厳しいでしょう。
マグレディーが欠場していたので、ヤオ一人に集中されるのは仕方がないですが他の選手がもう少しサポートできると良かったですね。スコラは素晴らしかったですが…
とにかくロケッツはリバウンドを取れなかったので、なかなか詰め寄れなかったと言えるでしょう。
ヤオ以外全員がリバウンド5以下と言うのは頂けません。
スパーズは確率は悪いもののジノビリが要所でしっかりと仕事をしていました。
点差が詰め寄ると必ずジノビリが突き放していたので、今日のロケッツはジノビリにやられたと言っても過言ではないでしょう。
パーカーも終盤には重要なシュートを決めていましたし、フィンリーもバリーも渋い活躍をしていました。
結果、9点差をつけられてもあっさりと追いつき、逆にリードすると二度と踏み込ませませんでした。
試合巧者のスパーズの良さがすごく出た試合と言えるでしょう。



ロケッツ 84-90 スパーズ

ロケッツ(6勝4敗)

 スコラ
  20点(FG 10/11)

 ヤオ
   9リバウンド
   3ブロック
   7ターンノーバー(BAD)


スパーズ(8勝2敗)

 ダンカン
  25点
  13リバウンド

 ジノビリ
  19点
   9リバウンド
   7アシスト


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんにちは(^-^)



マグレディのいないロケッツだから

もっと楽勝できるかなと甘く考えていました。

フィンリーも昨日とはうってかわって

いい仕事ができたようですね(*^▽^*)

ジノビリは本当にたよりになるシックスマンですね♪
[2007/11/17 20:28] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

昨日HotelのTVを付けたら丁度試合がやってました。

スコラ(カタカナで書くと成人誌みたいですが・・)

が本当に良かったですね。

解説のビル・ウォルトンがべた褒めしてました。
[2007/11/17 21:37] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



今日はスコラが良すぎましたからね~

後、地味にヘッドとバティエも良かったので、スパーズと言えども簡単ではありませんでした。

でも、終始手綱を握っていたような感じでしたので、スパーズが負けるような雰囲気はあまりなかったです。

あと、ヤオを徹底的に抑えたのが功を奏したと思います。

ボールを持つ前からものすごい密着マークしてましたから。
[2007/11/17 23:10] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ウォルトンに褒められるのはすごいことですよね。

超辛口ですから…

ここまで完璧に期待はずれだったのが、ようやく片鱗を見せたと言うところでしょうか。



同じくグリズリーズのナバーロも、今日初めて大活躍しましたね。



欧州からの移籍組もようやく慣れてきたんでしょうか。
[2007/11/17 23:12] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/694-fb8be767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)