バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルズVSサンズ TV観戦レポート

会場 USエアウェイズセンター(フェニックス)


ブルズ

 ハインリック
 ゴードン
 デング
 ノシオニ
 ベン


サンズ

 ナッシュ
 ベル
 ヒル
 マリオン
 アマレ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはアマレのフリースローでサンズが先制します。
 サンズは出だしからオフェンスが好調。ディフェンスも良い感じです。
 ブルズはちょっとしたミスから失点につながっています。
 また、ベンがオフェンスリバウンドを取っても得点につなげることができず、差は広がっていきます。
 しかし、ハーフコートでのディフェンスローテンションは悪くないので、サンズお得意の走る展開をなんとか止めたいところです。
 サンズは走る展開を出せなくなると得点が止まりました。
 逆にブルズはミスをしないようにしっかりとオフェンスを組み立て始め、徐々に追いついて1点差にします。
 残り2:06、デングがミスシュートを自らフォローして得点し、20-19! 逆転!
 しかし、サンズはしっかりと立て直して再逆転し、22-26と4点リードで第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ブルズはディフェンスは良いのですが、シュートがやや低調です。
 逆にサンズはシュートを決めた後がよくありません。一瞬の隙をつかれて失点するシーンが散見されます。
 ブルズは新加入のスミスがなかなか良い活躍をしています。派手さはありませんが、ベテランらしい渋いプレーでチームに貢献しています。
 残り7:13、ゴードンがチームメイトと膝を接触し、ベンチに下がりました。
 ブルズの内容も決して悪くないんですが、サンズが好調さを取り戻しました。
 残り4:12にはヒルのダンクが決まり、38-47と9点差になります。
 ゴードンがコートに戻りました。ケガは大したことないようです。
 ブルズは相変わらずオフェンスがよくありません。シュートまで行けずにカットされます。
 ディフェンスもハーフコートでは素晴らしいのですが、ミスから速攻に持って行かれると為す術がありません。
 また、バルボサのスリーが好調で、サンズは一気に突き放しにかかります。
 それでもデングが終了ブザーと同時にスティールからレイアップを決め、46-56となんとか10点差として前半を終了します。



第3クォーター

 まずはアマレのフリースローが1本決まり、11点差になります。
 両チームともシュートがよく決まるようになってきました。良いディフェンスから良いオフェンスにつなげています。
 8点差で迎えた残り6:15、ノシオニが素晴らしい動きでレイアップ! 61-67! 6点差!
 しかし、点の取り合いはサンズお得意の展開。ブルズはディフェンスが良いので、一気に突き放されはしませんが一向に追いつくことができません。
 7点差で迎えた残り2:31、デュホンからトーマスへナイスパス! 70-75! 5点差!
 ブルズはディフェンスリバウンドをしっかりと押さえ、とにかく辛抱強くついていきます。
 一度のディフェンスでも手を抜けば一気に突き放されるような危うい展開でしたが、なんとか踏ん張って点差を詰めました。
 そして2点差で迎えた残り21.4秒、ハインリックのジャンパー! 同点!
 最後のサンズのオフェンスもなんとかしのぎ、同点で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 残り11:20、トーマスのダンクをアマレがブロック! オフェンスリバウンドを奪ってもう一回ダンクもアマレがブロック! しかし、ファールとなりました。
 トーマスはフリースローを1本決めて、とうとうブルズが1点リードします。
 逆転を繰り返す、すごい展開になってきました。両チーム、一歩も譲りません。
 同点で迎えた8:42、アマレがノシオニにファール! なんとこのクォーターだけで4つ、合計で5つ目を犯してしまいベンチに下がります。
 しかし、ノシオニはフリースローを二本ともミス! しかし、トーマスがオフェンスリバウンドを奪い、ハインリックのジャンパー! 83-81!
 サンズもすぐにディアウが返し、83-83!
 3点差で迎えた残り5:59、バルボサが完全フリーでスリー! 6点差に開きます。
 ここに来てブルズはサンズのペースに付き合うようになってきました。
 第3クォーターは、しっかりとディフェンスリバウンドを押さえ、ハーフコートオフェンスを組み立てることによって追いついたのですが…
 集中力が切れてしまったのでしょうか。パスミスなども目につき始めました。
 結局、ブルズはこのままズルズルと崩れていきました。



最終スコアは102-112でサンズの勝利。
ブルズは中盤、粘り強い試合展開でサンズに思うように得点させませんでした。
サンズに一気に得点されないようにするにはディフェンスリバウンドをしっかりと押さえるのが効果的で、それができていました。
ところが、アマレをファールトラブルでベンチに下げたことで安心してしまったのでしょうか。
ディアウに良いようにやられてしまい、そこから一気に崩れました。
今シーズン、ブルズは不本意な成績を残していますが、今日の試合を観るとその原因は控えに一因があると思います。
スターターからベンチメンバーに代わると、ディフェンス力がガクッと落ちます。
それまでサンズ相手に24秒ヴァイオレーションを奪うほど上手く守れていたものが、2~3人ベンチメンバーに代わると簡単に失点するようになりました。
スミスは良いんですが、他の選手のディフェンスローテンションに難があるように感じましたね。
サンズはブルズのディフェンス力の前になかなか突っ走ることができませんでした。
リバウンドがあまり取れなかったのも原因の一つでしょう。
ですが、相手のわずかな隙や乱れをついて一気に点を重ねることのできるオフェンス力はさすがです。
特にバルボサのスリーが効果的な場面で決まっていました。
ナッシュはハインリックに抑えられていましたが、その分周りを活かして勝利に大きく貢献しました。



ブルズ 102-112 サンズ

ブルズ(1勝6敗)

 デング
  23点
   9リバウンド

 ゴードン
  24点

 ハインリック
  17点
   7アシスト

 ベン
  10リバウンド


サンズ(7勝2敗)

 バルボサ
  25点(3P 5/7)

 ヒル
  24点(FG 9/14)

 マリオン
  21点
   9リバウンド

 ナッシュ
  15アシスト
   4スティール

 アマレ
   6ブロック


スポンサーサイト


コメント

今年久々にヒルを観るのですが、

アウトサイド・シュートが上手になってますね。

この試合では1/2だったと思いますが、

この間見た試合だと、ワイドオープンからの

3ポイントを確実に沈めてました。

昔はデュマースがダンクを決めるのと、

ヒルが3ポイントを決めるのとどっちが多いか?!

なんていう時もあったと思いますが、

確実に上手になってますねヒル。

賢いし、何でもこなせる良い選手ですね本当に。
[2007/11/17 21:44] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんばんは。



それこそ、ナッシュ効果じゃないですかね~

マジックにいた頃もあんなに外のシュート、打ってなかったですよ。

わたしも、え?って思いましたから。

どう考えても昔ほど走れるわけがないので、サンズで居場所を確保するために外を猛練習したんじゃないでしょうか。



デュマースのダンクとの比較、ありましたね~

懐かしいです。



デューク出身の選手は賢い選手が多いですね。
[2007/11/17 23:08] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/696-a40dbac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。