FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



マーベリックスVSウォリアーズ TV観戦レポート

会場 オラクルセンター(オークランド)


マーベリックス

 ハリス
 バレア
 ジョシュ・ハワード
 ノヴィツキー
 ジョップ


ウォリアーズ

 デイビス
 エリス
 ハリントン
 アズブーキー
 ビエドリンシュ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはジョップのフォローシュートから始まり、マーベリックスが先制します。
 しかし、ウォリアーズはすぐに猛攻をかけて7点を連取します。
 マーベリックスには少々苦手意識がまだ残っているように見えます。
 それでも残り8:12にはジョシュ・ハワードのフリースローで8-7と逆転に成功します。
 ウォリアーズはファールが多いですね。マーベリックスのシュートの度にファールしてるように感じます。それで得たフリースローを、キッチリと決めていきます。
 残り4:03、速攻からハリントンのダンク! 18-19とウォリアーズがリードを奪います。
 残り3:31、リバウンドの取り合いでバスがボールを奪い、豪快にダンク! 20-19と再びマーベリックスがリード。
 27-27と同点で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 同点ではありますが、乱打戦の様相が見えているのでペースとしてはウォリアーズペースだと思います。
 マーベリックスはこれに付き合わないで、ジャズのようにスローペースに持ち込んだ方がいいような気がしますが…
 同点で迎えた残り9:47、デイビスが空中で二人かわしてリバースレイアップ! 32-34!
 再び同点の残り8:53、マーベリックスの速攻! ハリスからノヴィツキーへ。今日も巨体が駆け抜けてレイアップ! 36-34!
 2点ずつ加えた残り7:17、デイビスがファールを受けながらジャンパー! カウントワンスロー! 38-38! フリースローは外し、同点のまま。
 残り6:54、エリスのミスレイアップをデイビスが豪快にダンクでフォロー! 会場が一気にヒートアップ! 38-40!
 3点差で迎えた残り5:49、バーンズが完全フリーでダンク! 5点差!
 完全に点の取り合いになっています。
 得点差はわずかですが、完全にウォリアーズペースです。
 マーベリックスはノヴィツキーを中心にハーフコートオフェンスを展開するべきだと思うんですが、完全に走り回ってウォリアーズに付き合っています。
 また、デイビスの調子が上がってきているので、ハッセルをつけてある程度押さえるべきだと思うんですが、ベンチに座っています。
 残り4分を切ってから、ようやくデイビスにハッセルをつけました。効果はてきめんで、デイビスはゴール下まで思うように入れなくなっています。
 ウォリアーズのペースが明らかに落ちました。点差は競っていますが、徐々にマーベリックスに流れが傾きつつあります。
 それでも中盤に乱打戦を仕掛けたウォリアーズの勢いは完全には衰えず、57-61と4点をリードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはノヴィツキーのフリースローが1本決まり、3点差になります。
 この後も点の取り合いが続きます。いまだに競ってますが、マーベリックスはいっぱいいっぱいに見えます。
 ウォリアーズ1点リードで迎えた残り8:25、ハリスのレイアップが決まり、67-66と再びマーベリックスがリードします。
 2点ずつ加えた残り7:46、デイビスのミスシュートをアズブーキーがダンクでフォロー! 69-70! また逆転!
 残り7:17、ノヴィツキーがエリスのレイアップをブロック! 外に出そうになったボールをハリスが飛び込み、観客席に突っ込みながら後ろも見ずにジョシュ・ハワードにパス! そのまま持ち込んでレイアップ! 71-70! また逆転!
 またウォリアーズが逆転した残り6:03、ジョップのナイスパスからジョシュ・ハワードのダンク! 73-72!
 ウォリアーズはノヴィツキーをオフェンスから閉め出すことには成功していますが、ジョシュ・ハワードを全く止められません。
 逆にオフェンスは全員が上手く展開しているので、得点は伸びています。
 結果、逆転を繰り返す好ゲームとなっています。が、まだウォリアーズのペースです。
 マーベリックス3点リードで迎えた残り2:42、テリーのスリー! 83-77!
 マーベリックスのディフェンスが機能し始めています。
 ドライブされてからパスアウトでスリーをフリーで決められてしまうパターンがほぼなくなりました。
 また、オフェンスもスローダウンし、慌てて攻めるより確実に得点を重ねています。
 7点差で迎えた残り46.0秒、ビエドリンシュの豪快なダンク! 89-84!
 ウォリアーズがワンゴール加えますが、終了ブザーと同時にスタックハウスがジャンパーをねじ込み、91-86でマーベリックスが5点リードして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 3点差で迎えた残り9:04、デイビスがハリスからスティール! レイアップは阻止されますがノヴィツキーのファール! フリースローを1本決めて2点差!
 4点差で迎えた残り6:39、ハリントンのスリー! 100-99! 再び1点差!
 残り5:50、ジョシュ・ハワードがデイビスにファール! 6つ目! フィールドアウト! そしてデイビスはフリースローを2本とも決めて100-101! 逆転!
 マーベリックスは少しの時間、じっくりとハーフコートオフェンスを展開していたんですが、少し追いつかれるとすぐにシュートを乱発し始めます。
 これこそウォリアーズの思うつぼで、昨シーズンに散々やられたはずなんですが…
 実際、ハーフコートオフェンスを展開していた時間帯は、ウォリアーズは得点こそあげていてもやりにくそうでした。
 それをどうして続けられないんでしょうか。
 同点で迎えた残り4:43、ノヴィツキーのスリー! 106-103!
 さらに残り4:28、速攻からテリーのジャンパー! 108-103!
 3点差で迎えた残り3:04、ハリントンのスピンムーブ! 110-109! 1点差!
 残り1:49、テリーのジャンパー! 112-109!
 残り1:31、デイビスのジャンパー! 112-111!
 残り1:14、エリスがノヴィツキーにファール! ノヴィツキーはフリースローをキッチリと決め、114-111!
 残り57.8秒、アズブーキーの豪快なダンク! 114-113!
 残り37.7秒、スタックハウスのスリー! 117-113! 4点差!
 残り32.0秒、デイビスのフェイドアウェイ! 117-115! 再び2点差!
 残り13.4秒、ノヴィツキーのスリー! ミス! しかし、リバウンドはバス! 値千金のオフェンスリバウンド! ウォリアーズはボールを奪おうとしますが、ボールは外に出てしまいマーベリックスボール!
 残り7.9秒、ウォリアーズはファールするしかありません。相手はスタックハウス。フリースローは1本を外し、118-115。3点差!
 最後に同点を狙ったデイビスのスリーは外れ、試合は終わりました。



最終スコアは120-115でマーベリックスの勝利。
久しぶりのオラクルセンターでの勝利です。
でも、できればこの一つを昨シーズンのプレーオフに欲しかったでしょう。
今日の試合は基本的にウォリアーズのペースでした。
何回逆転しあったかわかりません。
マーベリックスは少し点差を開くと落ち着くんですが、ちょっと詰められると急にバタバタしてディフェンスから崩れていきます。
他のチームとの試合の時はそうでもないのに、なぜかウォリアーズ戦だけすぐに焦る子供みたいになります。
今日の勝因は終盤にペースダウンがある程度できたことと、ノヴィツキーがオフェンスから閉め出されても他の選手がキッチリと決めたことでしょう。
そう言いながらも、ノヴィツキー自身もいつの間にか22点取っていますし、かろうじて上手くいった試合ではないでしょうか。
もう少しデイビスにハッセルをつける時間帯を多く作ると、もう少し楽だったのでは?とも思いますが…
ウォリアーズは試合の大半を自分たちのペースで進めながら、最後にディフェンスから崩壊した感じでした。
オフェンスはデイビスやアズブーキーを中心に最後まで調子が良かったのですが、テリーを全く止められませんでした。
ただ、現在のウォリアーズはジャクソンを初めとする多くの選手を欠いています。
全員がキッチリと揃ってからが勝負でしょうね。



マーベリックス 120-115 ウォリアーズ

マーベリックス(4勝1敗)

 ハワード
  24点
   7リバウンド

 テリー
  24点

 ノヴィツキー
  22点
  11リバウンド

 ハリス
  21点
   7アシスト

 バス
  12リバウンド


ウォリアーズ(0勝5敗)

 デイビス
  37点

 アズブーキー
  27点
  11リバウンド

 ハリントン
  20点

 ビエドリンシュ
  10リバウンド
   5ブロック


スポンサーサイト





コメント

昨日Netsから家に帰ってこの試合観ました。

GSWはなんだかDALと試合する時は自信が

みなぎってる感じですね(笑)。

負けはしたけど、普通は110以上も取れれば

勝てるでしょうに(笑)。

やっぱりそこは人間がする事。

プロでも心理面って結構影響したりしますね?!
[2007/11/09 19:30] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ウォリアーズは自信がみなぎってるし、マーベリックスは苦手意識があるし、って感じですね。

あれだけペースを合わせさせられて、よく勝てたものです。

多分、ジャクソンが出場していたら勝てなかったと思います。

でも、なんだかんだで終盤にキッチリと点を取ったノヴィツキーはさすがですし、バスやテリーも良かったですね。

ウォリアーズはもうちょっと守りなさいって感じ(≧▽≦)

でも、あれがスタイルですよね~
[2007/11/09 21:54] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

SVZのマスターさんこんにちは(^-^)



私もBSで見ました

どちらが勝つか最後の方までわからなくて

面白い試合でしたね(*^▽^*)

ウォリアーズの敗因の要因の一つに

フリースローがあるような気がしました

マブスがきっちりきめるとは対照的に

ウォリアーズはFTパーセンテージが低すぎます

あれがもっと入っていたら…という感じです。
[2007/11/10 06:30] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



おおっヾ( ̄0 ̄;ノ

BSでもやっていたのですね。



確かにウォリアーズのフリースローはひどかったですね。

ビエドリンシュはともかく、他の普段は上手な選手も外していましたし…

点差が点差だけに、ちゃんと決めていればウォリアーズは勝てたかもしれませんね。

マーベリックスはまだまだ苦手意識は克服できたわけではないでしょうね~
[2007/11/10 17:19] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/712-f2ab25a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)