バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャブスVSネッツ TV観戦レポート

会場 アイゾッドセンター(ニュージャージー)


キャブス

 ギブソン
 パブロビッチ
 レブロン
 グッデン
 イルガウスカス


ネッツ

 キッド
 カーター
 ジェファーソン
 アレン
 コリンズ 

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはイルガウスカスのテクニカルフリースローでキャブスが先制します。
 ネッツはシュートが決まりません。キャブスもやや確率が悪く、非常に重苦しい展開となっています。
 最初の6分でフィールドゴールが1本しか決まらないひどい有様のネッツでしたが、カーターの連続シュートで調子が上がり18-14と4点差に迫ります。
 調子を取り戻したネッツが引き離されることなく、25-21と4点差で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 一転してネッツのシュートがよく決まるようになります。あっという間に逆転し、27-31となります。
 しかし、点は入るもののなんだかものすごく重苦しい展開です。
 終盤にギブソンやヒューズが立て続けにスリーを決め、57-50とキャブスが逆転して前半を終了します。



第3クォーター

 まずはシェーン・ウィリアムスのジャンパーで5点差となります。
 さらにキッドのスリーであっという間に2点差。キャブスはシュートが決まりません。
 しかし、ネッツはこれ以上どうしても踏み込めません。決めれば同点の場面でブーンが二本ともフリースローをミスしたり、守りきれなかったり、追いつくことができません。
 それでも苦しみながら粘り強くついていき、78-80ととうとう逆転して最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ネッツはパスがよく回り、イージーシュートが増えてきました。序盤の不調がウソのようにシュートが決まっていきます。
 ディフェンスも見違えるように良くなりました。
 逆にキャブスは難しいシュートや安易なシュートを打つようになり、ほとんど入らなくなりました。レブロンだけは決めてますが…
 一時9点差まで広がりましたが、レブロンがスパークし、再び1点差まで迫ります。
 ネッツは勢いがなくなってきました。
 キャブスが2点差まで迫った残り2:53、なんとキャブスはハック・ア・ブーンを仕掛けます。
 ブーンは確かにフリースローの確率は悪いですが…
 それ以前にこの醜い戦法はやめて欲しいです。
 ブーンは4本中2本を決め、結局4点差に広がります。
 まだ3分弱残っている状態で、たったの2点差にもかかわらずハック戦法を仕掛けるようなチームが勝てるわけがありません。
 逆に点差を広げられて試合は終了します。



最終スコアは97-105でネッツの勝利。
苦しんで苦しんで、それでもついていったネッツの粘り勝ちと言えるでしょう。
それにしてもキャブスのハック・ア・ブーンは醜い上に不可解でした。
10点くらい差があったのならともかく、まだ2分以上残っている状態で、たったの2点差で仕掛ける戦法じゃありません。
これを見た時、ああ、キャブスがファイナルで負けたのはチームや選手よりコーチの力量差がもっとも顕著だったんだな、と思いました。
とりあえずハック戦法をするようなチームは嫌いです。ましてや2点差で仕掛けるとは…
しかも負けたら終わりのプレーオフ最終戦などではなく、レギュラーシーズンでやるなんて。
確かにブーンは今シーズンFT%が25.9%ですがね。キャリアでも48.5%ですし。
なんにせよ、今後わたしがキャブス(と言うよりマイク・ブラウンがヘッドコーチのチーム)を応援することはないでしょう。
ネッツは全体的に不調でしたが、カーターの好調の支えられて辛抱強くついていきましたね。
少し前にキッドが「今のチームは少し点差がつくとすぐに諦めてしまう」と批判していましたが、今日はそんなことはありませんでした。
今日のような戦い方を続けることが大事でしょう。



キャブス 97-105 ネッツ

キャブス(10勝13敗)

 レブロン
  29点
   8アシスト

 イルガウスカス
  21点
  12リバウンド


ネッツ(10勝13敗)

 カーター
  32点
   7リバウンド

 ジェファーソン
  24点

 キッド
   8リバウンド
  11アシスト
   5スティール

 ブーン
  15点
   8リバウンド


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/756-848462b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。