FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ナゲッツVSマーベリックス TV観戦レポート

会場 アメリカンエアラインズセンター(ダラス)


ナゲッツ

 アイバーソン
 カーター
 カーメロ
 マーティン
 キャンビー


マーベリックス

 ハリス
 テリー
 ジョシュ・ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはジョシュ・ハワードのフリースローでマーベリックスが先制します。
 開始早々、ハリスがファールトラブルでベンチに下がったため、ジョージが出てきました。ジョージは今シーズン初出場です。
 序盤は互角の展開でしたが、残り8分を過ぎた辺りでノヴィツキーが連続シュートを決め、ダンピアーがカーメロをブロック。そこから一気にマーベリックスが得点を重ね12-18とリードします。
 アイバーソンは今日も好調ですが、カーメロが昨日の不調を引きずっているようです。シュートが決まりません。
 タイムアウトを取って落ち着いたナゲッツは、ディフェンスをしっかりして一気に同点に追いつきます。
 カーメロ以外の選手はシュートが好調で、26-25と逆転に成功します。
 マーベリックスも悪くありません。ただ、ちょっと早打ちや不用意なパスが見られます。
 クレイザが2本、JRが1本のスリーを決めるなど、外のシュートが好調なナゲッツが39-32と7点をリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 マーベリックスのシュートが入りません。ハワードがノーマークのシュートを3本連続でミスします。
 3分20秒経って、ようやくジョシュ・ハワードがスリーを決めてマーベリックスの得点が動きます。
 その間にナゲッツはクレイザを中心に点を重ね、49-35と14点リードします。
 カーメロ以外が好調なナゲッツと、ノヴィツキー以外が絶不調なマーベリックスでは、なかなか点差は詰まりません。
 ノヴィツキーは、自分にディフェンスを引きつけてパスアウトするようになりました。ノヴィツキーからパスを受けた選手は楽にシュートを決めています。
 ただ、そうでないシュートはことごとく落としています。
 ノヴィツキーを起点としたオフェンスで点を重ね、ディフェンスも少し修正できたマーベリックスが点を詰めました。
 64-56と8点差で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはカーメロのカウントワンスローで10点差となります。フリースローは外しました。
 そして、ジョシュ・ハワードが4つ目のファールでいきなりベンチに下がらざるを得なくなります。
 それでもスタックハウスのスリー、ノヴィツキーのジャンパーで一気に5点差に詰めます。
 ナゲッツがやや押し気味で試合が進みますが、ハリスの豪快なダンクで勢いがマーベリックスにいきます。
 カーメロは相変わらず調子が悪いです。ディフェンス3秒ヴァイオレーションのフリースローや、ノヴィツキーのテクニカルファールによるテクニカルフリースローも連続で外します。
 ナゲッツはノヴィツキーにボールが渡ると、すぐにファールしてしまいます。わざとしているわけではありません。今日のノヴィツキーはなかなか止められません。
 そのファールで得たフリースローをノヴィツキーはことごとく決めます。
 逆にナゲッツのフリースローの確率はいまいち。その差がでて、いつの間にか点差は同点となります。
 しかし、カーメロの調子が上がってきました。すごい勢いで点を重ねていきます。
 突如復調したカーメロの活躍もあり、98-92で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 マーベリックスはアイバーソンを止められません。そして、アイバーソンに気を取られている内にナハラにスリーを決められ、105-94と一気に11点差になります。
 ここに来て、マーベリックスは突然ジュワン・ハワードをコートに入れました。
 主力がファールトラブルになったわけでもないのに、なぜこのタイミングでここまで出番のなかった選手を使うのでしょう…?
 マーベリックスはディフェンスが全く機能していません。点を入れても簡単に入れ返されています。これではいつまで経っても追いつけません。
 残り3:04、マーベリックスは主力をベンチに下げ、諦めました。



最終スコアは122-109でナゲッツの勝利。
マーベリックスはバクチのようなディフェンスをするチームに弱いですね。
ウォリアーズ相手の時もそうなんですが、パスに飛び込んでこられたり、ファールすれすれの手の出し方をされるとバタバタします。
スパーズやジャズは、逆に相手のこの戦法を逆手にとってファールを誘ったり隙をついて攻めたりするんですけどね。
落ち着きが足りないと言うことなんでしょうか。
ここから追いつこう、と言う第4クォーター序盤にジュワン・ハワードを出したことも疑問です。
経験のある選手ですが、ここまで全く出番がなかったのにいきなり重要な時間帯に出されて貢献するのは難しいです。
また、ほぼ勝負が決した時間帯までジョップとハッセルを使わなかったのはビックリしました。
全然出てこないので、ケガをしているのかと思っていましたから…
あれだけアイバーソンに活躍されたのなら、ハッセルをつけるべきでした。
オフェンス力は乏しいですし、スタイルも地味なのであまり目立ちませんが、彼のガードやスモールフォワードに対するディフェンス力はリーグでも屈指です。
ジョップもディフェンス力はかなり高いですし、どのみちオフェンスであまり期待できないジュワン・ハワードを使うくらいならジョップで中を固めるべきでした。
実際、ジョップが出てきてからナゲッツの確率は極端に悪くなりましたし。
ちょっと昨シーズンのプレーオフから今日まで、ジョンソンHCの選手の使い方に疑問がありますね。
ノヴィツキーがあれだけ好調だったんですから、オフェンスは任せて、ハッセルとジョップでディフェンスを固めていれば逆転勝利も難しくなかったのでは…
どうも、相手の土俵で戦ってしまうクセがあるように見えます。
ナゲッツは昨日とはうって変わって、カーメロ以外全員が好調でした。
特にクレイザは見事。昨日の悪い雰囲気を払拭しました。
カーメロも前半は最悪でしたが、終盤によく立ち直りました。
最近はあまり見られなくなったムラッ気が昨日今日と出ていますね。
アイバーソンは絶好調ですね。オフェンス面では非の打ち所がありません。
ただ、ディフェンスはスティール6と数字上では貢献していますが、バクチ的なスティールなんですよね。
昨日今日はそれで上手くいきましたが、このスタイルは隙をつかれて簡単な失点に繋がりかねないので少し注意しなければならないでしょうね。
もっとも、マーベリックスにはこの戦法は非常に有効なのが証明されつつありますが。
まあ、アイバーソンはオフェンスもディフェンスも、失敗しても挑戦しまくるプレースタイルなので自重すれば彼らしさは薄れますけどね。
ですが、優勝したければジョーダンやオラジュワンのように、自分を抑える事も必要だと、そろそろわからなければいけない年代でもあるとは思います。
ましてや76ers時代と違って、カーメロという素晴らしい相方がいるのですから。



ナゲッツ 122-109 マーベリックス

ナゲッツ(12勝8敗)

 アイバーソン
  35点(FG 12/19)
  12アシスト
   6スティール

 クレイザ
  23点(3P 3/5)

 カーメロ
  23点

 マーティン
  18点(FG 8/12)
   7リバウンド

 キャンビー
  14リバウンド
   5ブロック


マーベリックス(12勝8敗)

 ノヴィツキー
  32点
  12リバウンド

 スタックハウス
  23点
   7リバウンド

 ジョシュ・ハワード
  20点

 ダンピアー
  11リバウンド


スポンサーサイト





コメント

DENがDALを下しちゃいましたね。

DENも実力はあるけど、ムラがあるので、

しっかり締めてPHXくらいのチームになって欲しいです。

西は本当に強豪揃いですね。
[2007/12/07 22:55] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

SVZのマスターさんこんにちは(^-^)



私もBSで観ました

アイバーソンはまだまだ元気ですね

小さくてもすごいんだというところを

見せつけてくれて嬉しいですヾ(*^▽^*)ノ

クレイザも好調でした今まで注目したことが

ない選手でした



マブスはどうしたんでしょうね?

力を温存しているのか、それとも…???
[2007/12/08 08:56] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ナゲッツは安定して勝つことはできないだろうな~と言うのがこの2試合を見た感想です。

ウォリアーズと一緒で、強豪を大差で破る事もあれば最下位のチームにあっさりと負けることもありそうな、そんな危うい雰囲気が漂っています。

言われるように、もう少し締めないといけませんね。

強豪揃いの西ではプレーオフを逃す恐れもあると思います。

[2007/12/08 16:27] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



アイバーソンのオフェンス力はまだまだリーグ屈指ですね。

ディフェンスはバクチですけど(´Д`;)

クレイザは時々、今日のようにいい活躍をするんですよね。でも、長時間出ていても全く存在感がない時もあります。この選手もムラッ気があると言いましょうか。



マーベリックスはどうも温存には見えないですね。

まだプレーオフでの負けを引きずってる感じです。

開き直ると昨シーズンの強さが戻りそうな気がしますが…?
[2007/12/08 16:31] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/771-8987b71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)