バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒートVSナゲッツ TV観戦レポート

会場 ペプシセンター(デンバー)


ヒート

 ウィリアムス
 ウェイド
 ペニー
 ハスレム
 シャック


ナゲッツ

 アイバーソン
 カーター
 カーメロ
 マーティン
 キャンビー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはキャンビーからマーティンへのアリウープでナゲッツが先制します。
 ヒートはシュートが全然入りません。ナゲッツはダンクを連発するなど好調です。
 開始から4分で4-16と大きく点差が開きます。
 残り4:48、キャンビーがノーマークのダンクを豪快にミス! ちょっと高さが足りませんでした。
 ナゲッツは些細なミスや強引なプレーが見られましたが、そんなことは全く気にならないほどヒートの調子が悪いです。
 17-37で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ヒートのオフェンスの調子は徐々に上がってきましたが、ディフェンスが全く機能していません。
 試合は20点前後の点差をウロウロして淡々と進んでいきます。
 ブラントのシュートをフォローダンクにいったシャックがノーマークなのに外し、さらにもう一度ノーマークでレイアップにいきましたがこれもミス。なんとも締まりません。
 ナゲッツのオフェンスが好調と言うより、ヒートのディフェンスがひどすぎます。
 アイバーソンやJRにいとも簡単にゴール下に切り込まれています。彼らが速いとか上手いとか、そういう問題ではありません。
 こんなディフェンスがお粗末なチームだったか?と目を疑います。
 カーメロがファールトラブルでベンチに下がると少し点差が詰まりましたが、それでも42-59と17点差で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはウェイドのレイアップで15点差になります。
 相変わらずヒートのディフェンスはひどいです。簡単にアリウープを決められたり、ゴール下へのパスを通されたり、切り込まれてレイアップを決められたり。
 オフェンスはそこそこ調子を取り戻しましたが、こんな有様で追いつけるわけがありません。
 差は26点に広がります。
 さらに終了間際にアイバーソンにロングスリーを決められ、64-92となって最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 2点だけ差が縮まって試合は終了しました。



最終スコアは89-115でナゲッツの勝利。
序盤から一方的な試合でした。
ナゲッツはアリウープし放題、ドライブし放題、ゴール下へパスし放題。
厳しいディフェンスをかいくぐってとか、一瞬の隙をついて、とかのアリウープなら盛り上がりますが、ディフェンスをしていない練習のような状態で連発されても冷めるだけです。
ナゲッツのホームなのに、後半はアリウープが決まっても盛り上がりはいまいちでした。
まあ、これはナゲッツが悪いわけではありませんけどね。
今日のヒートはひどすぎです。
ディフェンスする気はないのか、と言いたくなるほど壊滅的でした。
ウェイドが復帰してから調子が上がってきたと思っていましたが、開幕当初に戻ってしまったかのようです。
とてもライリーHCが指揮しているチームとは思えない。彼もコーチとして限界を迎えているのでしょうか。
シャックもボロボロでした。キャンビーのディフェンスの前に何もできなかった感じです。ノーマークのダンクまで外しましたからね。
ウェイドはそこそこ良かったですが、まだケガを引きずっているのか出場時間が短かったです。
ナゲッツもあまり良いとは言えませんね。
アイバーソンやJRは相変わらずボールの保持時間が長いですし、マーティンもムラがあります。
カーメロは素晴らしかったですし、キャンビーのディフェンスは冴え渡っていましたけどね。
今日はヒートのディフェンスがあまりにもひどかったので何もかも上手くいって大勝しましたが、上位チームに今日のような戦い方で通用するとはちょっと思えません。
特にアイバーソン。今日はターンノーバーが1で済んでいますが、スパーズやジャズのようにディフェンスの良いチーム相手だと6~8くらいしてそうなプレーぶりでした。
まだまだ課題があると思います。



ヒート 89-115 ナゲッツ

ヒート(4勝12敗)

 モーニング
   8リバウンド
   3ブロック


ナゲッツ(11勝7敗)

 カーメロ
  30点(FG 12/19)

 マーティン
  20点(FG 9/13)
   8リバウンド

 アイバーソン
  20点

 キャンビー
  21リバウンド


スポンサーサイト


コメント

ヒートが確かに元気無いですね・・・。

ウェイドも完全に調子がもどってないし、

シャックも全然エンジンがかからないし。

う~ん、もうちょっと頑張って欲しいですが。。。

メロは何だか一皮向けた感じですね。

昨シーズンも出足は良かったですが、

今シーズはもっと落ち着いてるというか、

安定感が増していると言うか。

曲がらず、順調に伸びていって欲しいですね。
[2007/12/04 08:49] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ヒートは今日のジャズ戦のスタッツを見ても、ディフェンスをしているのか疑問になるような数字ですね。

オフェンスは辛抱強くシステムを崩さずにやっていけば復調すると思いますが、ディフェンスが崩壊しているとどうしようもない気がします。



カーメロは本当に年々ステップアップしていますよね。

後はこの前のレイカーズ戦のように、イラついてフレイグラントファールをしないようにだけして欲しいものです。
[2007/12/04 23:11] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/778-af09b165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。