FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ブルズVSヒート TV観戦レポート

会場 アメリカンエアラインズアリーナ(マイアミ)


ブルズ

 デュホン
 セフォローシャ
 デング
 スミス
 ベン


ヒート

 ウィリアムス
 ウェイド
 ライト
 ハスレム
 シャック

以上のスターターで試合は始まりました。

ブルズはハインリックが欠場、ヒートはシャックが復帰です。


第1クォーター

 まずはセフォローシャのフェイドアウェイシュートでブルズが先制します。
 ブルズはシュートが好調、ヒートは苦しみながら決めている感じです。
 シュートに至るまでのスムーズさはやや異なるものの、ほぼ互角の展開。ところが残り2分を切った辺りから一気にブルズが得点を重ねます。
 34-23とブルズが11点をリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ブルズの調子が少し崩れてきました。シュートがなかなか入りません。
 しかし、この隙をついて一気に追いつくことができないのが今のヒート。ブルズが落ち着きを取り戻すと、点差は元の11点に戻りました。
 ベンがベンチに下がると、ブルズはシャックにルーキーのグレイをマッチアップさせます。
 いくら衰えを指摘され、ケガから復帰したばかりとは言え、ルーキー相手に手こずるほどシャックは落ちぶれていません。
 オフェンスでもディフェンスでも圧倒し、ヒートが徐々に点差を縮めていきます。
 半ばを過ぎた辺りからウェイドが活躍を始め、ヒートは得点を重ねていきます。
 しかし、ブルズもスミスが中心となって反撃し、点差を6点以下にさせません。
 残り8.5秒でウィリアムスのスリーが決まり、ようやく5点差となります。
 58-53で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはデイビスのスリーで2点差となります。
 ブルズのシュートが全く入らず、ヒートが勢いに乗るかと思いましたが、やっぱり今のヒートに逆転する力がありません。
 またも調子を戻したブルズが突き放し、再び10点差とします。
 ヒートはオフェンスの調子こそ上がってきましたが、ディフェンスがほとんど崩壊しているので点差が全く詰まりません。
 どれだけシュートを決めようと、相手を全く止められないのでは点差が詰まるわけもなく、逆に広げられて93-79と14点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 結局、ヒートのディフェンスが修正されることなく、決めても決め返される。入らなくても入れられる。
 そんな状態で逆転の芽など出るわけもなく、どんどんと差が開いていきました。



最終スコアは126-96でブルズの勝利。
高得点で、シュートの確率も良いのでブルズの調子が良かったように思えます。
ですが、その実はヒートのディフェンスの崩壊が原因です。
ブルズは誰かが目立った活躍したわけでもなく、誰もが楽にシュートを打てていました。
あえて言うならスミスの調子は良かったですね。
それくらいヒートのディフェンスはひどかったです。特に後半はディフェンスをする気がないのでは?と思うほどでした。
シュートはそこそこ決まり、外してもオフェンスリバウンドを取っていました。
にも関わらずこの大敗。ディフェンスが原因以外、なにものでもありません。
とてもライリーHCの率いてるチームには見えませんでした。
モーニングがいないのも原因の一つですが、彼一人が抜けただけでここまで崩壊することはないはず。
一体なにが原因でここまでディフェンスが崩れてしまったのかわかりません。
それくらいヒートのディフェンスはひどかった。今シーズン勝ち星が増えない理由がよくわかります。
あと、少し前に観たホーネッツ戦でも感じましたが、どうもウェイドの動きが相手に読まれている感じがします。
時々素晴らしい動きをするんですが、全般的にパターンを読まれて思うようにプレーできてないように見えます。
もう復帰してから結構な時間が経ってますし、こうして連続で試合に出ている以上、まだ本調子じゃないなんて言い訳はプロでは通用しません。
ヒートもウェイドもかなりきつい状況に追い込まれていますね。



ブルズ 126-96 ヒート

ブルズ(15勝22敗)

 スミス
  23点(FG 9/10)

 ゴードン
  24点

 デング
  21点
   8アシスト

 ノシオニ
  20点(FG 8/13)


ヒート(8勝29敗)

 シャック
  24点
  10リバウンド

 ウェイド
  24点

 ハスレム
  15点(FG 7/9)
  12リバウンド


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/803-1ba0a946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)