FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ヨーロッパとNBA(+小話一つ)

今日はフランスのチーム相手にスパーズが97-84で圧勝しました。
やはり上位チームは強いですね。
パーカーが27点、5アシスト、2スティールと大活躍。やはり地元だと燃えるものがあるんでしょうか。
それにしても、これだけ大勝で、しかもプレシーズンなのにダンカンを30分もプレーさせるとは思いませんでした。
パーカーとフィンリーも28分も出場してますし、ヘッドコーチのポポビッチはこういう采配を好みますね。
あ、そうそう。
フィンリーと言えば小話的なことを一つ思い出しました。
彼がダンクコンテストに出場した時が忘れられません。
ボールを投げて、側転してからキャッチしてダンクをしようと試みたんですが、失敗。
ですが、ダンクの失敗よりあまりにも側転が格好悪かったので、強烈に印象に残りました。
あの側転ダンクでは大爆笑が巻き起こりました。せめて側転がもう少し様になっていればダンク失敗でも笑われたりしなかったでしょうが…
いやいや、いまだにフィンリーの顔や名前を見るとあの側転ダンクが思い浮かびます。
そんなにお茶目な人間じゃないし、プレースタイルはすごく真面目なのに、なぜいきなりあんな事をしたんでしょう…

さて、話はヨーロッパの話題に戻りまして。
10年ほど前はNBAのシーズン終了後、チャンピオンチームがヨーロッパに乗り込んでトーナメントを戦うマクドナルド選手権がありました。
ロケッツやブルズが参加しています。
ただ、各チーム万全の体勢で望むわけじゃなく、ブルズはジョーダンはいたもののピッペンとロッドマンを欠いたり、ロケッツも主力を何人か欠いて戦っていました。
それでも、あまり苦戦したと聞くこともなく優勝していた記憶があります。
この頃のNBAはやはり圧倒的だったのでしょう。
ただ、今もスパーズは苦戦らしい苦戦もしていませんし、NBA上位チームとヨーロッパチームとの格差はまだあるのかもしれません。
ヨーロッパにNBAチームが誕生すれば、今のNBAとヨーロッパの違いがハッキリするかもしれませんね。


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんにちは(^◇^)



スパーズ勝利ヾ(*^▽^*)ノ

良かったです。クリッパーズに続いてスパーズまでもが…なんてことがあったら…

パーカーの夏の怪我も心配だったのですが

この活躍なら大丈夫そうですね(*^-^*)

地元のファンもさぞかし喜んだことでしょうね





フィンリーはスパーズ中でも大好きな選手(一番好きなのはダンカン♡)

真っ黒で猿顔(失礼(>_<))なんだけれどなんだか好感持てるし

いざというとき頼りになるし、フリースローが苦手なスパーズの中できっちり決めて

なんだか頼れる兄貴って感じです。

過去にそんなおかしなダンクコンテストあったんですね。



ダンクコンテストというと昨シーズンのネイトロビンソンを思い出します。

たしか13回ぐらいして成功したんですよね。

なんだかちょっと…と思いました。

せいぜい5回までとかルールはないのでしょうか?

5回以内ぐらいで成功しないと

なんだかまぐれ…のようですっきりしないおもいが

残りました。



私の中ではNBAが世界最高峰のバスケ

これからもヨーロッパを圧倒するぐらいのレベルになるように頑張っていってほしいです(*^▽^*)
[2006/10/09 16:05] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



スパーズまで負けたらどうなってるの?ってなりますよね。

さすがの貫禄勝ちでした。

地元ファンはチームを応援しようか、パーカーを応援しようか悩んだのではないでしょうか。

ある意味うらやましい悩みですよね。



ネイトのダンクは成功だけ見るとおお~っとなりますけど、それまでの過程が…

個人的には80年代の計算方式に戻して欲しいです。

交互にダンクを試みるんですが、なんと二回しかチャンスがありませんでした。

一回目が成功すればそのダンクの点数を、失敗したら二回目の点数を審査員がつけます。二回目も失敗したら終わりです。

それを三回繰り返して、合計点の高い選手の勝ち、となります。

88年のジョーダンVSドミニクはこの方式でした。

二人とも、その二回以内に全てレベルの高いダンクを決め、さらに満点も二回ずつ、と言う壮絶なコンテストでした。

この二人、ダンクの芸術性もさることながら、失敗がほとんどなかったのがすごいところですね。

彼ら並、あるいは彼ら以上のダンクが出来るのは現役ではカーターだけだと思います。



ヨーロッパのレベルは確実に上がっています。

プレーオフモード並に本気になったNBAのチームと戦うのも一度見てみたい気もします。

スパーズの戦いぶりを見る限り、まだNBAに軍配は上がりそうな気はしますけど。…多分(汗)
[2006/10/09 20:06] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

SVZのマスターさんお返事ありがとうございます(*^-^*)



>個人的には80年代の計算方式に戻して欲しいです。

>交互にダンクを試みるんですが、なんと二回しかチャンスがありませんでした。

>一回目が成功すればそのダンクの点数を、失敗したら二回目の点数を審査員がつけます。二回目も失敗したら終わりです。

>それを三回繰り返して、合計点の高い選手の勝ち、となります。



この方式の方が絶対いいと思います。

昨年のように13回ぐらいやって勝っても

なんだか背の低いネイトロビンソンを

話題性で勝たせたようなそんな気がしてしまって

後味悪いそんな思いでした。
[2006/10/09 21:39] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、再びこんばんは♪



昨シーズンのネイトもそうなんですが、その前のクリス・アンダーセンもひどかったです。

確か20回くらい失敗してたはず。観客も本人も辛そうでした。

回数制限は絶対につけるべきですよね。

その方がトライする選手もより集中するでしょうし…

二年連続でこんなことが起こってるので、今シーズンは何か対策を取ってくるかもしれないですね。

って言うか、取って欲しいです…
[2006/10/09 22:47] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/81-48a2e7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)