FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ピストンズVSスパーズ TV観戦レポート

会場 AT&Tセンター(サンアントニオ)


ピストンズ

 ビラップス
 ハミルトン
 プリンス
 マクダイス
 ラシード


スパーズ

 パーカー
 フィンリー
 ボウエン
 ダンカン
 オベルト

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはフィンリーのフェイドアウェイシュートでスパーズが先制します。
 スパーズはオフェンスもディフェンスもスムーズです、ピストンズはパスがやや雑になっています。
 リードしているのはスパーズですが、少し流れが悪くなるとすぐにタイムアウトを取りました。
 しかし、このタイムアウトでリズムが良くなったのはピストンズ。連続シュートで逆転します。スパーズは早めのタイムアウトが裏目に出ました。
 また、ハミルトンが速攻で素晴らしいバックビハインドのドリブルからのシュートを決めるなど勢いに乗ります。
 そのままピストンズがものすごい勢いで点差を広げ、30-15と15点差で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 スパーズのシュートタッチはやや調子が戻ったものの、ピストンズの勢いが止まりません。さらに差が開いていきます。
 ピストンズが全員で得点を加えていっているのに対し、スパーズはウドカのスリーのみが有効な得点となっています。これでは勝負になりません。
 ジノビリの活躍でなんとか差を広げられずに済みましたが、縮めることもできませんでした。
 ボウエンはハミルトンを止められず、ダンカンはラシードのディフェンスを攻略できず、パーカーは速攻のレイアップを外す始末。
 54-39と15点差のまま前半を終了します。



第3クォーター

 まずはオベルトのジャンパーで13点差となります。
 相変わらずピストンズのディフェンスは強力で、ダンカンが中に入れません。必然的に確率が悪くなるのでスパーズはなかなか流れをたぐり寄せられないでいます。
 残り5分を切った辺りから、ダンカンがようやく中へ切り込んでシュートを決められるようになってきました。多少苦しくてもこれができないとスパーズのオフェンスは上手くいきません。
 また、ディフェンスが少し改善され、ピストンズの確率が落ちてきました。
 ダンカン、ジノビリ、ボーンの活躍で反撃の兆しが見え始めたスパーズが点差を縮め、67-58と9点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 スパーズに流れが向き始めました。
 逆にピストンズはディフェンスはいいものの、シュートがほとんど入りません。
 それでも無茶なシュートを乱発したり、ディフェンスが雑にならないのはさすがです。
 バタバタせずに自分たちのバスケを貫いたピストンズは、再び点差を広げ14点差とします。
 スパーズも最後まで粘りを見せたものの、相手がピストンズではなかなか挽回できませんでした。



最終スコアは90-80でピストンズの勝利。
ピストンズは前半が異様なほどの高確率だった反動か、後半はさっぱりシュートが入りませんでした。
それでも自分たちのバスケを貫き、ディフェンスをしっかりしたのが勝利に繋がりました。
大差を付けていたのを追いつかれそうになると、途端に無茶なスリーを乱発したり、スティールに飛び込む賭けのようなディフェンスをするチームが多いのですが、さすがにピストンズはどっしりしていますね。
ラシードがオフェンス、ディフェンス、ルースボールと大活躍で、ダンカンがペースを完全に乱されていました。
スパーズは前半の乱れぶりが敗因です。後半は苦しみながらも粘り強いバスケを展開しましたが、前半に差をつけられすぎました。
中盤、チームを支えていたジノビリも終盤には沈黙し、ダンカンもブロックを3度も食らうなど本調子ではありませんでした。さらにパーカーに存在感がありませんでした。
その上、ボウエンがハミルトンについていけないシーンが散見され、ディフェンスでも苦しんでいました。
今日のスパーズは全体で動きがかなり悪かったです。
それに対し、ピストンズは昨日マーベリックスに大敗しているので、気合いを入れ直してやる気満々だったのかもしれません。



ピストンズ 90-80 スパーズ

ピストンズ(27勝9敗)

 ラシード
  23点(FG 9/15)
  15リバウンド
   3スティール


スパーズ(23勝11敗)

 ダンカン
  24点
  15リバウンド


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんにちは(^-^)



なんだかスパーズも情けない戦いようですね

しっかり立て直してこれから頑張ってほしいです
[2008/01/12 16:24] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



最近、不調なのがよくわかる試合でした。

なんだか、全員動きが重かったです。

ラシードがやけに調子が良かったのもありますが、逆に言えばスパーズのディフェンスが甘いからバンバン決められるわけで。

案外、オールスターまでは流すつもりじゃないですかね~

昨シーズンもオールスター後から尻上がりに調子を上げて優勝したわけですし。

スパーズに関してはこの時期の不調はあまり参考にならないな~と思っています。
[2008/01/12 17:48] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/815-00c165c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)