FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



レイカーズVSホークス TV観戦レポート

会場 フィリップスアリーナ(アトランタ)



レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ラドマノビッチ
 オドム
 ガソル


ホークス

 アンソニー・ジョンソン
 ジョー・ジョンソン
 マーヴィン・ウィリアムス
 スミス
 ホーフォード

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ガソル、レイカーズのユニフォームが全然違和感ありません。似合ってます。
 まずはコービーのジャンパーでレイカーズが先制します。
 序盤、ホークスが波に乗るかと思われましたが、レイカーズもしっかりついていきます。
 レイカーズはラドマノビッチとガソルが好調で、あっという間に逆転して点差を広げていきます。
 ホークスは少し個人プレーが目立ちます。もう少し組み立てて攻めたいところ。
 しかし、ジョー・ジョンソンやアンソニー・ジョンソンの活躍で立て直しました。
 そのおかげでホークスは点差を詰め、29-27と2点差で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 両チームともシュートがあまり入りません。ミスやエアボールも多く、観ていて退屈な展開です。
 この状況を打開したのはチルドレスでした。連続ダンクと速攻で一気にホークスが逆転します。
 しかし、ここからフィッシャーが連続でスリーを決め再逆転。リードを広げます。
 53-45とレイカーズが8点をリードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはスミスのレイアップで6点差となります。
 先にペースを掴んだのはホークス。スミスがオフェンスでもディフェンスでも活躍を見せ、3点差まで迫ります。
 それを断ち切ったのはまたしてもフィッシャー。スリーを決めてまたも6点差に広げます。
 ホークスも粘り強くついていきますが、どうしても攻めきれません。76-68と8点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 突然、レイカーズのディフェンスが上手くいかなくなりました。
 インサイドへ簡単に攻め込まれています。
 3点差まで詰まり、流れが少しホークスに傾き始めています。
 レイカーズはディフェンスを修正し、再び点差を広げましたがスミスの活躍によりまたも3点差に詰め寄られます。
 さらにチルドレス、ジョー・ジョンソン、ホーフォードが素晴らしいプレーを見せ、逆転します。
 ここからは点の取り合い。逆転や同点を繰り返し、これまでとは一転して白熱の展開となります。
 同点で迎えた残り23.2秒、ジョー・ジョンソンのドライブに対してフィッシャーがファール! オフェンスファールにも見えましたが、フリースローを得ました。
 二本ともキッチリと決め、93-95! ホークスがリードを奪いました。
 次のレイカーズのオフェンス。
 なんとコービーがドリブルをファンブルしてしまい、ボールがこぼれてバックコートヴァイオレーション! ホークスボール!
 結局、このミスが致命的となりました。



最終スコアは95-98でホークスの勝利。
ホークスは終盤によくまとまって一丸となって勝利を掴みました。
中盤はスミス一人に頼り切っていた感じでしたが、他の選手は終盤に調子を取り戻したのが良かったですね。
ジョー・ジョンソンも終盤に大事なシュートを決めました。ただ、序盤は無駄打ち、早打ちが多かったのでもう少し気をつけた方が良いでしょう。
ホーフォードはリバウンドで奮闘しました。20リバウンドは立派。地味ですが、堅実にチームを支えています。
チルドレスやルーなどのベンチ陣も良かったです。
レイカーズは第4クォーターに突如ディフェンスが崩れて逆転負けしました。
ガソルはまだ馴染んでいないようで、時々どう動いていいかわからなくなっているようでした。
それでもインサイドからのパスアウトは非常に上手かったです。チームに完全に溶け込めばすごい脅威になりそうです。
コービーは自分をかなり抑えていますね。ガソルが入ったので様子を見ているのか、周りに任せようとしているのかわかりませんが、この2試合は得点が極端に少なくアシストが増えています。
ただ、今日はスミスに抑えられた部分も見えましたけどね。
負けはしたものの、一段階上にいける可能性は十分に見えました。
後はバイナムが帰ってきた時に機能するかどうか、だけですね。



レイカーズ 95-98 ホークス

レイカーズ(31勝17敗)

 オドム
  19点(FG 8/12)
  11リバウンド

 コービー
  10アシスト


ホークス(21勝24敗)

 ジョー・ジョンソン
  28点

 スミス
  17点(FG 7/11)
   9リバウンド
   9アシスト
   5ブロック

 ホーフォード
  15点
  20リバウンド(7オフェンスリバウンド)


スポンサーサイト





コメント

Kobeがおかしいのか、抑えているのか、

この試合はらしくないミスがというか、

バタバタした場面が目立ちましたね。。

ATLのJJコンビは能力は高いですよね。

POも不可能ではない?!
[2008/02/07 23:22] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



コービーは抑えているように見えましたが、スミスのディフェンスもかなり良かったですよね。

見事なブロックも何本かありましたし。

コービーは少し様子を見てるんじゃないですかね~



ホークスは終盤のようなまとまりを一試合通してできるようになると、もう少し強くなると思うんですけどね。

中盤はグダグダでしたから、あそこから立ち直ったのは大した物と言えばそうなのかもしれませんが…

点差があの程度だったので逆転できましたが、もっと隙をつかれた攻撃をされていたら勝てなかったと思います。
[2008/02/08 16:02] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/867-37944f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)