バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/29 NBA全試合結果&感想&観戦後記

今日は3試合が行われました。



イースタン
ファーストラウンド GAME5


ラプターズ 92-102 マジック

ラプターズ(1勝4敗)
 ファーストラウンド敗退

 ボッシュ
  16点
   9リバウンド


マジック(4勝1敗)
 カンファレンスセミファイナル進出!

 ハワード
  21点
  21リバウンド(10オフェンスリバウンド)
   3ブロック

 ルイス
  18点
  13リバウンド

 ターコルー
   8リバウンド
   9アシスト


ハワードがまたも怪物ぶりを発揮し、カンファレンスセミファイナル進出を決めました。
ここに来てルイスも期待通りの活躍をするようになりましたし、ターコルーも得点だけの選手ではなくなりました。
次戦のピストンズと76ersは2勝2敗で、最低でも後二試合あります。マジックはしばらく休養が取れますね。
ラプターズはケガ人に泣かされたシーズンでした。
フォードやボッシュの欠場も多かったですし、ガルバホサも戻ってこれませんでした。
メンバーが揃えばもっと強くなると思いますので、来シーズンに期待です。



イースタン
ファーストラウンド GAME4


セルティックス 92-97 ホークス

セルティックス(2勝2敗)

 ガーネット
  20点
   9リバウンド
   6スティール

 レイ・アレン
  21点

 ピアース
  18点
   7リバウンド

 ロンド
  12アシスト


ホークス(2勝2敗)

 ジョンソン
  35点

 スミス
  28点
   7ブロック

 ホーフォード
  13リバウンド


ジョンソンが第4クォーターに20点をあげる大活躍をみせ、10点差を逆転して勝利しました。
また、試合を通してスミスがGAME3に続いて活躍。終盤の重要な場面でガーネットをブロックしたり、ガーネットからリバウンドをもぎ取ったりなど素晴らしいディフェンスを見せました。7ブロックはものすごいです。
セルティックスは最終盤にキャセールを投入し、ポージーに素晴らしいパスを出してスリーを決めさせ3点差にしましたが、大事なリバウンドをチルドレスに取られて勝負ありました。
ピアースとガーネットの、まるでもう終わったかのような虚ろな目が印象的でした。
しかし、次はボストンに帰ります。セルティックスは必ず巻き返すでしょう。
それにしてもホークスが2勝もするとは驚きです。完全に勢いに乗りましたから、ひょっとすると…?



ウェスタン
ファーストラウンド GAME4


レイカーズ 107-101 ナゲッツ

レイカーズ(4勝0敗)
 カンファレンスセミファイナル進出!

 コービー
  31点
   7リバウンド
   3スティール

 ガソル
  21点
   7リバウンド
   4ブロック

 オドム
  12リバウンド


ナゲッツ(0勝4敗)
 ファーストラウンド敗退

 JR
  26点

 カーメロ
  21点
  11リバウンド

 アイバーソン
  22点

 キャンビー
  17点
   4ブロック


今日のスカパー!はこの試合でした。
ほとんどノーガードの撃ち合いのような試合でした。かなり大味な展開で、観ていて退屈な試合でした。ボールがあっち行きこっち行きしてただけですから…
レイカーズは珍しくまともにそれに付き合っていました。
ディフェンスがしっかりしているので、その分得点が上回った感じでしょうか。
終盤はコービーが難しいシュートを何本か決めたのも勝利をたぐり寄せましたね。
ナゲッツはJRがスリーを決めて何度か追いすがりましたが、バクチのようなシュートでしたから、そんなのを何本か決めたところで試合には勝てません。
今日のアイバーソンはチームプレーを心がけていましたが、その方がアシストが少なくなる皮肉。得点もいつもより少なくなってしまいました。
マーティンがコービーに対して素晴らしいディフェンスをしていましたが、コービーはそれを上回り、最後にはファールアウト。その後連鎖するかのようにカーメロ、ネネとファールアウトしてナゲッツから反撃の芽が消えていきました。
ナゲッツは根本的なものを変えないと来シーズンも同じような位置になるでしょうね。
プレーが大味で雑すぎます。今日、接戦になったのはレイカーズが付き合ってくれたからです。
いくら良い選手が揃っていてもチームになっていなければ勝てません。コーチはチームプレーをもっとたたき込むべきでしょう。
レイカーズは唯一のスウィープを達成しました。これがこの先、どう影響するでしょうか…?


スポンサーサイト


コメント

HAWORDは20x20が3回目ですか?!スゴイ怪物君ですね。

キャラがお茶目で真面目なのでギャップがまた良いですね。

ところでDENはもっとマチュア~なバスケをしないと

どこにも行けないですね(汗)。

AIもMELOもPOではJ.R.SMITHの安定した活躍に

負けてましたよね?!

来季、来季と毎年言ってるような気がする・・・。

[2008/05/01 01:01] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ハワードは立派な化け物に成長しましたね(≧▽≦)

パフォーマンスと共に今後が楽しみです。



ナゲッツはもっとまとまらないとこれ以上の飛躍は無理ですね。

ミラーがいた時の方がずっと良いチームだった、と常に言われていますし…

アイバーソンとカーメロを共存させようとしたのが、そもそもの間違いなのかもしれません。おまけにJRもいますしね。

でも、アイバーソン獲得をフロントに決意させたのはカーメロの乱闘による出場停止事件。

カーメロはこういう星の元に産まれてるんですかね~
[2008/05/01 23:51] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/919-3097c93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。