バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個人賞予想

さて、プレーオフは日本時間の日曜日から始まります。
ウェスタンが異様なほどの混戦、8位まで全てのチームが50勝以上で、60勝チームが一つもないと言う恐ろしいことになっています。

このプレーオフの予想も楽しそうですが、今日は主要な個人賞を予想してみようと思います。



MVP

コービー・ブライアント(レイカーズ)

 これはもう、決まりじゃないですかね。
 ポールも肉薄していますが、カンファレンス首位を勝ち取ったのは大きいと思います。
 また、ポールはまだ若いですが、コービーはこれまでずっと良い選手でありながら縁のなかった賞ですし、ようやくシャックの呪縛から解き放たれて獲得した首位ですし。
 MVPが客観的な数値によって決まるのではなく、記者投票で決まる以上、そうした心情的な票が集まってもおかしくないです。
 ポールにはまだまだ先がある、と考えてコービーに投票する記者もいると思います。そうしたことを考えてもコービーに票が偏る可能性はありますね。

 チームがリーグ最高成績だったガーネットを推す声もありますが、今シーズンのガーネットの成績でMVPはちょっとないだろう、と思います。
 せめて平均が20点越え、リバウンドも二桁にいっていればまた考えは変わりますけどね。
 得点45位(18.8)、リバウンド17位(9.2)では…
 これまでのMVPを見ても、大半の選手は22点越え、もしくはナッシュやマジックのようにアシスト王を獲得していますからね。
 いくら最高勝率でも東のチームですし、この個人成績でMVPはふさわしくないと思います。

 また、コービーがシーズン前にトレード要求したことを問題視する意見も見られますが、このオフはかつてないほど各チームのエース級がごねた年でもあります。
 コービーだけでなく、マリオンやキリレンコも文句を言ってましたし、ガーネットに至っては最初、セルティックスにトレードされたらオプションを行使してシーズン明けにフリーエージェントになる、と激怒し、ウルブズとセルティックスの両方を脅して難航させていましたしね。
 それが、セルティックスのレイ・アレン獲得でコロッと意見を覆したわけで。
 シーズン前のゴタゴタでコービーだけを責めるのはお門違いだと思います。



MIP

ヒュド・ターコルー(マジック)

 ものすごく難しいです。
 ゲイ(グリズリーズ)、アルストン(ロケッツ)、ロイ(ブレイザーズ)、ウェスト(ホーネッツ)、ロンド(セルティックス)、マキシール(ピストンズ)などが印象に残ってます。
 ロイとウェストはMIPと言えるほど昨シーズンから伸びたのか、と言われるとあれですが。
 今シーズンのマジックの躍進はルイスの獲得やハワードの成長より、シーズンを通したターコルーの活躍が大きかったと思います。キャリア初のトリプルダブルも達成しましたしね。
 でも、この賞は本当に票がわかれると思います。
 強力な候補はいないのではないでしょうか。



ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー

マーカス・キャンビー(ナゲッツ)

 とにかくリバウンドとブロックの印象がすごかったですし、二年連続獲得は固いんじゃないでしょうか。
 対抗はガーネット(セルティックス)、チャンドラー(ホーネッツ)でしょうか。
 この賞には関係ありませんが、今シーズンのキャンビーはパスも上手くなって選手として一皮剥けたんじゃないかな~と思います。ただ、もう少しインサイドで体を張ってもらわないとナゲッツは苦しいと思います。



ルーキー・オブ・ザ・イヤー

アル・ホーフォード(ホークス)

 多分、デュラント(ソニックス)が獲得すると思うのですが、あえてホーフォード。
 チームはプレーオフに進出しましたし、ほとんどの試合でスターターだったのも素晴らしいです。
 開幕前からデュラント中心に行くようなチーム構成にしていったソニックスとは事情が違います。
 そんな中でシーズン通してスターターを務め、プレーオフ進出の一翼を担ったのは素晴らしいと思います。
 もう少し得点力があれば確実なんですけどね~



シックスマン・アワード

マニュ・ジノビリ(スパーズ)

 スターターで出てる試合もそこそこありましたし、もしかすると該当しないかもしれませんが、該当すれば間違いないでしょう。
 対抗馬はいないと思います。
 ただ、該当しないとなると、候補は…あまりいないですね~
 アウトロー(ブレイザーズ)、バルボサ(サンズ)、ゴードン(ブルズ)、パーゴ(ホーネッツ)くらいですかね~
 バルボサも結構スターターを務めてたような…
 キングスのサルモンズとガルシアも良かったですが、賞を取るほどかと言われると疑問…
 ジノビリじゃなかったら予測がつきません。



各賞、今シーズンは有力候補がいないのではないでしょうか。
ルーキー・オブ・ザ・イヤーくらいですかね…
一人の選手に集中した票が入る賞はなさそうです。


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/931-48bd482d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。