バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/31 NBA全試合結果&感想&観戦後記

イースタン
カンファレンスファイナル GAME6


セルティックス 89-81 ピストンズ

セルティックス(4勝2敗)
 ファイナル進出!

 ピアース
  27点(FG 8/12)
   8リバウンド


ピストンズ(2勝4敗)
 カンファレンスファイナル敗退

 ビラップス
  29点

 ハミルトン
  21点(FG 9/14)

 ラシード
  10リバウンド


最初は静かなスタートでした。
両チームとも確率がいまいちですが、ディフェンスがそれほど激しいわけでもなく、でも、雑な展開でもありませんでした。
ピストンズはビラップスとハミルトンが好調で、ラシードはディフェンスで良い動きをしています。
セルティックスはレイ・アレンがスリーを次々と決め、ピアースも確率良くシュートを決めています。
そんな中、ピストンズはプリンスがボロボロ。シュートは入らず、得意のディフェンスでも効果的な動きが出来ず、リバウンドは見送るだけ、掴もうとして滑ってアウトオブバウンズとひどい有様です。
早々にスタッキーと交代になり、ピストンズはスモールラインナップで戦います。
セルティックスもロンドの動きが良くありません。ビラップスに完全に読まれてる感じ。さらにガーネットがファールトラブルでベンチに下がってしまいます。
お互いに好調な選手と良くない選手がハッキリと分かれ、シュートが決まりにくい展開となります。
ただ、ディフェンスは激しくなってきて見応えはあります。
セルティックス3点リードで前半を終了します。
後半に入るとこれまで絶不調だったプリンスのシュートが決まり始めます。
セルティックスもガーネットのロングレンジのシュートが入るようになりました。
しかし、ガーネットは早々に4ファールでベンチに下がります。
ピストンズもラシードがムラッ気全開のプレーで、あり得ないパスミスや気のないプレーでシュートミスを連発し、くだらないファールをして4ファールでベンチに下がります。もう一つテクニカルファールを取られると累積ファールが規定数に達して次の試合が出場停止になるので、さすがにそうならないように自制はしたようですが、あんなふざけたプレーぶりはないです。
必死に逆転しようと頑張っているビラップスやハミルトンが可哀想になりました。
そのラシードがベンチに下がり、ラトリフが出てくるとピストンズは非常にディフェンスが良くなりました。
イージーシュートを全く許さず、自分たちは辛抱強く得点を重ねて逆転に成功します。
多少、ピストンズ寄りな笛が見られましたが、それでもピストンズの我慢の成果ですね。
8点リードで最終クォーターに突入します。
一時10点差となりましたが、ラシードが投入されてからまたしてもおかしくなりました。
とにかくラシードの気のないプレーが、チームの士気を落としているように見えます。
しかも、そのラシードを徹底的に使ったオフェンスを展開し、ことごとく失敗します。
サンダースHCが何を考えてるのか全くわかりません。
それでもビラップスのスリーポイントプレーで4点差に迫り、次の攻撃をしのぎましたが、プリンスがよそ見をしてポージーにスティールされてしまいます。
プリンスは第3クォーターのみ良かったですが、試合を通しては集中力の欠けたプレーをしていて、これがその象徴となるターンノーバーでした。あんなターンノーバーは普通にプレーしてたらするわけがありません。
結局、ピアースにフリースローを決められますます点差が開きました。
今日の試合は、ビラップスとハミルトンが踏ん張っていたのである程度接戦になりましたが、ラシードとプリンスによって壊されました。
特にラシードは見ていて腹が立つほどやる気がなかったです。動きが悪いとか、疲労とか、そんな話ではありません。完全にやる気がなかった。
前日、審判を批判して罰金を取られていましたが、その腹いせでしょうか。それにしてもひどすぎる内容でした。
結局、二人のやる気のないプレー、集中力のないプレーでピストンズは崩壊しましたね。
第4クォーターの、ラシードが出てくるまでの流れで逆転されるなんて考えられませんでした。ラシードが出てきた途端におかしくなりました。
いくら能力があってもやる気のない選手をこんな大事な試合で使い続けて、さらにファーストオプションとして攻めるべきではありません。完全にサンダースHCの采配ミスです。やはり、無策なコーチですね。プレーオフでは勝てない理由がハッキリ見えた気がします。
セルティックスは最後、オフェンスリバウンドや果敢なスティールに向かっていったのが良かったですね。
あの積極的な姿勢が、最後ピストンズの追撃を許さなかった要因でしょう。
レイ・アレンは活躍したのが本当に序盤だけで、後半いるのかいないのかわからないくらい影が薄かったですが、復調の兆しは見えます。
ガーネットは少し疲れが見えてきているような気がします。
気になるのがピアース。スリーが決まってフォーポイントプレーかと思われた時にオフェンスファールをコールされて以降、(劣勢な時も)ずっとニヤニヤして気味が悪かったです。苦笑い…ともちょっと違う、なんだかイヤな感じの笑みでした。

さて、ファイナルは伝統の一戦となります。
ホームコートアドバンテージはセルティックスにあります。
レギュラーシーズンは激戦でしたが、プレーオフでは比較的楽に勝ち進んだレイカーズ。
レギュラーシーズンはスケジュールの温さも相まって異様なほど楽だったのに、プレーオフでは誰も予想できなかったほど苦戦したセルティックス。
どうなるでしょうか。
最初の2戦の内、一つでもレイカーズが勝つとそれで決まりのような気がします。
少なくともレイカーズは今日のピストンズのように選手がやる気のないプレーをして、それをコーチが修正も出来ないチームとは違います。
セルティックスはここにきて初めて名コーチの率いるチームと対戦することになりました。
逆にレイカーズはレイ・アレン、ピアース、ポージー、キャセールなど、外から打てる選手がこれだけ揃ったチームと対戦するのは初めてです。
また、セルティックスはパーキンスの成長が著しく、インサイドがガーネット一人と言う状態ではなくなりつつあります。
面白い対戦になりそうですが、レイカーズがちょっと有利な気がします。とにかくコーチの違いが大きく出るかもしれません。
ジャクソンHCは崩れたらそのクォーター中でも立て直せる数少ないコーチの一人。リバースHCは崩れても選手と流れ任せです。この違いは大きいと思います。
なお、わたしはこの対戦ならレイカーズ応援になります。


スポンサーサイト


コメント

なんだかんだでBOSが東を制しましたね。

BOS vs LALの伝統のシリーズが楽しみです。

昨日の試合で気になる事と言えば、

4-POINTプレーになってたかもしれない

あの判定・・・。

あれは久しぶりに酷いコールだなぁ(汗)。
[2008/05/31 22:21] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

とうとうNBAファイナルですね。。

CELTICSはホームで圧倒的に脅威を

見せるので、最初の2戦は心理的に

厳しい戦いになりますね。

アウェーの第一戦か第二戦で勝利

しないとヤバイ。

西の戦いでは常にホームコートアドバンテージ

があったのに対し、ファイナルでは立場が

逆になるんですから、この違いは大きいですね。

後、コビーを除いては外からのシュートに若干

安定感のないメンバーが揃ってますから、これも

猛練習してもらわなきゃ困ります!(汗)

レギュラーシーズン、ポートランドとの対戦で

負けが目立ったのもアウトサイドシュート

をことごとくキメられてしまったからです!!

高身長で身体能力に長けてるチームでしたし、

マッチアップ的に不利なところがあったにしろ、

レイカーズに関して言えば3ポイントがキー

になると思います。



ああ、ハラハラします・・・。



[2008/06/01 00:31] URL | LA好き #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



あのフォーポイントプレーは、確かにピアースがどさくさに紛れて肘打ちしてますが、それでもオフェンスファールになるほどじゃなかったと思います。

ホームコートアドバンテージが利いたんですかね~

ただ、その後、ピアースが随分長い時間ニヤニヤしてたのが、どうにも気味悪かったです。
[2008/06/01 16:20] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。



ファイナルですね~

珍しいと思われるかもしれませんが、わたしはガーネットがどうしても好きになれない選手の一人なのですよ。

多くの人はガーネット(とアレン)にリングをあげたい、と言ってますが、わたしは断固阻止して欲しいです。

ですから、ファイナルはレイカーズを力一杯応援しますO(≧▽≦)o



フィル・ジャクソンHCは、これまでのコーチ経験の中でGAME1に勝ったシリーズは全勝しているそうです。

つまり、ジンクス通りでいけばGAME1さえ勝てば優勝です。



わたしはフィッシャーがどれだけロンドを抑えられるかが、一つの鍵を握ると思います。

セルティックスに負けたチームは、ロンドにかき回されて注意がそっちに向いている隙にbig3の誰かに決められるパターンが多いので。

フィッシャーがファールトラブルなしで、ロンドをある程度抑えられればかなり有利だと思いますね~
[2008/06/01 16:25] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/949-d4d1189d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。