バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/21 NBA全試合結果&感想&観戦後記

イースタン
カンファレンスファイナル GAME1


ピストンズ 79-88 セルティックス

ピストンズ(0勝1敗)

 マクダイス
  11リバウンド


セルティックス(1勝0敗)

 ガーネット
  26点(FG 11/17)
   9リバウンド

 ピアース
  22点

 ロンド
   7アシスト
   5スティール

 パーキンス
  10リバウンド


出だしはセルティックスが走ります。ピストンズは一週間も空いたせいか、シュートタッチがおかしく全然入りません。
しかし、タイムアウトが明けると調子を取り戻します。
流れはセルティックスの方にあるんですが、突き放されても全く動じないピストンズは徐々に点差を詰めていきます。
ピストンズがシステムで攻めているのに対し、セルティックスは個々の能力の高さだけで攻めてるように見えます。
そのため、ピストンズは外れても納得って感じなんですが、セルティックスは入ったとしても外れてたらどうするの?って感じです。
リードしていても全くセルティックスが優位に見えません。
また、ピストンズの落ち着き具合は異常です。うかつに速攻に行きませんし、不用意なパスもしません。
ですが、チャンスと見たら一気に攻め込みます。合理的なバスケットですね。
セルティックスはガーネットが得点を重ねていきますが、ラシードのディフェンスの前に中に入ることができず、ミドルシュートばかりです。
他の選手が代わりにインサイドで点を取っていますが…
ピストンズがあまりに落ち着いているため、セルティックスもキャブス戦のようにバタバタしていません。
セルティックスが1点をリードして前半を終了します。
セルティックスのFG%は50%超でピストンズは40%を割ってます。
セルティックスのアシストはピストンズの倍以上で、リバウンドも上回っています。
なんでこれで互角なんだろう、と思ったらフリースローの数が違いすぎました。
ピストンズがファールをせずに抑えているのに対し、セルティックスはファールが多くなっています。
これは前半はいいですが後半かなり響いてくると思いますが…?
後半に入ると、ピストンズが不用意なファールを多発するようになりました。また、変なパスをしてつまらないミスも出始めます。
セルティックスのディフェンスは確かにきつくなりましたが、それとは関係のない場所でのミスが増えました。これは一体…
セルティックスはオフェンスリバウンドを取り、ミスをフォローしあっています。
相変わらずシステムもなにもない個々人の能力に頼ったオフェンスですが、パスがよく回ってますし、一丸となって支え合っています。
ピストンズはシュートが入らないので、さすがに終盤になってくると落ち着きがなくなってきました。
それにしてもハミルトンは熱くなりすぎです。
スクリーンにきたガーネットに対して肘打ち気味のプレーがありました。パーソナルファールでしたが、後のリーグによるビデオ判定で故意と判断されれば出場停止もあり得ます。
ラシードは全く変わらずプレーしていましたが、ハミルトンは上記の通り。プリンスは存在感無し。ビラップスはまだ本調子じゃなさそうでした。
セルティックスは久しぶりに本調子でプレーしていましたね。ホークスとのGAME1、GAME2以来ではないでしょうか。
また、終盤にはガーネットのインサイドプレーも決まり始めていたので良い傾向が見えたと言えるでしょう。
ガーネットが外からのみのプレーになると、入らなかったらチームが崩壊しますからね。
まあ、中に入れさせないラシードが見事なんですが、終盤はガーネットが上回りました。
ピストンズは試合を通して前半のプレーをすれば、いつの間にか勝っていたと思うんですが、やや慌ててしまいましたね。
でも、この内容で9点差しかついていないのは驚きです。
全体的にピストンズのペースになった時間帯はほとんどなく、重苦しい感じでしたから。
セルティックスは決して楽観できる状態ではないと思います。ここまでの経緯から、浮かれてGAME2に負けでもしたら終わりだからです。
まあ、本人たちが一番わかってるでしょうが。


スポンサーサイト


コメント

DETはどうもピリッとしなかったですね。

珍しい事ではないですが(汗)。

このシリーズもBOSはホームでは

なんだかんだで勝ってきましたね。
[2008/05/21 22:13] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

こんにちは(*^▽^*)



セルティックスはホームでは相変わらず強いですね。

ピストンズはターンオーバーが多かったようで…

レイアレンはダンクはいいけれど

3Pがまだ不調のようでどうしたんでしょう?

ピストンズは第2戦でどう立て直してくるか見物ですね(^-^)
[2008/05/22 09:20] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ホント、珍しくはないんですが、こうも予想通りだとイライラします。

あれだけ熱くなって無茶打ちや危険なディフェンスをし始めたハミルトンを下げない意味がわからないです。

ロンドが活躍し始めた時間帯だったので、ハミルトンを下げてハンターをつけるべきでした。前半、ハンターは実に上手くロンドを抑えていましたし。

サンダースHCは何も考えてないんじゃないかな~と思う今日この頃です。
[2008/05/22 21:53] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



ホームでは強くてもアウェーでは極端に弱くなる、今プレーオフのセルティックス。

明日の試合に負けると終わった感がありますけど、どうなるでしょうね~

前半はレイ・アレンがインサイド、ガーネットがアウトサイドでプレーしてて、なにやってんだろ、と思って見てました(≧▽≦)
[2008/05/22 21:55] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/960-769bd100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。