バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個人賞

かなり今さら感がありますが、各個人賞です。



MVP

 コービー・ブライアント(レイカーズ)

これは妥当でしょう。昨シーズンまでのセルフィッシュな部分は鳴りを潜めましたし、チームも激戦のウェスタンを制しました。
バイナムの成長やガソルの加入を理由に、チームの好成績はコービーの功績ではないと言う人がいまだにいますが、バイナムは途中でリタイア、ガソルは途中加入で加入直後はしばらくケガで欠場していました。
激戦となったウェスタンで、こうしたインサイドのアクシデントに見舞われながらも首位で終わったのはコービーの力に他なりません。
そもそもバイナムの成長はコービーの影響が非常に大きいですし。彼の得点が伸びたのはコービーがディフェンスを引きつけてからパスをしてくれていたからです。
ガソルの加入は大きいですが、どちらかと言えばガソル加入で伸び伸びプレーできるようになったのはオドムのような気がします。
また、レイカーズはプレーオフ前に選手だけで食事会を開き、コービーが全額おごるとMVPコールが起こるなど、昨シーズンまでのコービーを煙たがる選手が多くて雰囲気が悪かったレイカーズとはえらい違いです。こうなったのもコービーが変わったからじゃないですかね。
MVP会見には全選手が参加しましたし、結束の強さを物語っています。
今回の受賞に文句をつける人は、昨シーズンまでのコービーの印象を強く持ち、なおかつ今シーズンのコービーをあまり見ていない人でしょう。今シーズンのコービーは全然違います。
ちなみにMVP会見にはなぜかマゲッティー(クリッパーズ)とイグダーラ(76ers)も来ていたそうです。他チームの現役選手がこうした会見に来るのは非常に珍しいとか。



オールNBAファーストチーム

 クリス・ポール(ホーネッツ)
 コービー・ブライアント(レイカーズ)
 レブロン・ジェームス(キャブス)
 ケビン・ガーネット(セルティックス)
 ドワイト・ハワード(マジック)

他に選択肢がないくらい、妥当な選出でしょうね。



オールNBAセカンドチーム

 スティーブ・ナッシュ(サンズ)
 デロン・ウィリアムス(ジャズ)
 ティム・ダンカン(スパーズ)
 ダーク・ノヴィツキー(マーベリックス)
 アマレ・スタウダマイヤー(サンズ)



オールNBAサードチーム

 マニュ・ジノビリ(スパーズ)
 トレイシー・マグレディー(ロケッツ)
 ポール・ピアース(セルティックス)
 カルロス・ブーザー(ジャズ)
 ヤオ・ミン(ロケッツ)



オールNBAディフェンシブファーストチーム

 コービー・ブライアント(レイカーズ)
 ブルース・ボウエン(スパーズ)
 ケビン・ガーネット(セルティックス)
 ティム・ダンカン(スパーズ)
 マーカス・キャンビー(ナゲッツ)



オールNBAディフェンシブセカンドチーム

 クリス・ポール(ホーネッツ)
 ラジャ・ベル(サンズ)
 テイショーン・プリンス(ピストンズ)
 シェーン・バティエ(ロケッツ)
 ドワイト・ハワード(マジック)



ルーキー・オブ・ザ・イヤー

 ケビン・デュラント(ソニックス)

個人成績を見れば妥当なのかもしれませんが、対抗馬に久しぶりにプレーオフに進出したホークスのホーフォードがいる以上、やや納得できないですね。
得点力こそあまりないものの、リバウンドでかなりの成績を上げ、ディフェンスにも大きく貢献していたホーフォードはかなりのものだったと思うんですけどね。
デュラントは個人成績はそこそこながら、チーム成績は最悪でしたし。
でも、チーム成績はあまり関係ないですかね…



オールルーキーファーストチーム

 アル・ソーントン(クリッパーズ)
 ケビン・デュラント(ソニックス)
 ジェフ・グリーン(ソニックス)
 ルイス・スコラ(ロケッツ)
 アル・ホーフォード(ホークス)



オールルーキーセカンドチーム

 ロドニー・スタッキー(ピストンズ)
 カルロス・ナバーロ(グリズリーズ)
 カール・ランドリー(ロケッツ)
 サデウス・ヤング(76ers)
 ジャマリオ・ムーン(ラプターズ)



ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー

 ケビン・ガーネット(セルティックス)

ガーネットがセルティックスにディフェンスにもたらしたものは大きかったですね。チームディフェンスが大きく向上しましたし、納得の選出でしょう。



コーチ・オブ・ザ・イヤー

 バイロン・スコット(ホーネッツ)



シックスマン・アワード

 マニュ・ジノビリ(スパーズ)



MIP

 ヒュド・ターコルー(マジック)



エグゼグティブ・オブ・ザ・イヤー

 ダニー・エインジ(セルティックス)



スポーツマンシップ・アワード

 グラント・ヒル(サンズ)



シチズンシップ・アワード

 チャウンシー・ビラップス(ピストンズ)

この賞はコミュニティに対する素晴らしい貢献をした選手またはコーチに送られる賞です。



ルーキー・オブ・ザ・イヤーだけは納得いきませんね~


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/963-eca43aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。