バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/14 NBA全試合結果&感想&観戦後記

今日は2試合が行われました。



イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME5


マジック 86-91 ピストンズ

マジック(1勝4敗)
 カンファレンスセミファイナル敗退

 ターコルー
  18点
   9リバウンド
   7アシスト

 ハワード
  17リバウンド
   3ブロック


ピストンズ(4勝1敗)
 カンファレンスファイナル進出!

 ハミルトン
  31点
   4スティール

 マクダイス
  17点(FG 6/9)
  11リバウンド

 ラシード
   7リバウンド
   3スティール


今日のスカパー!はこの試合でした。
ビラップスは今日も欠場です。
マジックはとにかくターンノーバーが多かったですね。負けたら終わりのプレッシャーからか、ボールが手についていない感じでした。
それでもディフェンスを頑張って、ピストンズのFG%を40%に抑えてなんとか踏ん張っていました。
しかし、ピストンズはFG%は悪くてもオフェンスリバウンドを取り、相手のターンノーバーを得点に繋げていました。
マジックのFG%は良かったので、ほぼ互角の得点差でした。
ただ、ターンノーバーがあまりに多いので、試合内容としてはずっとピストンズのペースだったように感じましたね。
実際、ピストンズが少し連続でシュートを決めるとすぐに点差が開いてましたし。
そして、第4クォーターに入るとマジックはことごとくシュートを外してしまって点差を広げられてしまいます。
それでもボーガンスなどのスリーで必死に追いすがりましたが、マクダイスのリバウンドやプリンスのブロックに阻まれてしまい最後には突き放されてしまいました。
ラシードにターンアラウンドジャンパーを異様なほど決められたのも痛かったですね。
しかし、あれは止めようがないです。あんな打点の高いターンアラウンドジャンパーを止めることは不可能です。ハワードでさえ届いてませんでしたから。
ピストンズはこういう試合の戦い方を熟知していますね。
自分たちのシュートがなかなか入らない、じゃあどうすればいいか。を理解しています。
逆にマジックはミスが多いからどう修正しよう、と言う流れがなかったです。ヴァンガンディーHCが指示を的確に出してはいたようですが、タイムアウト直後くらいしか効果がなかったですね。まだ若い、と言うことでしょう。
ハワードはやけにおとなしかったですし、ネルソンは気迫が空回り。ターコルーもルイスもいつもの調子じゃありませんでした。エヴァンスだけやけに元気でしたけど。
これでピストンズは6年連続カンファレンスファイナル進出です。2年連続で敗れているだけに、今年こそ再びファイナル進出を狙ってくるでしょうね。



ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME5


スパーズ 79-101 ホーネッツ

スパーズ(2勝3敗)

 ジノビリ
  20点
   7アシスト

 ダンカン
  23リバウンド


ホーネッツ(3勝2敗)

 ウェスト
  38点(FG 16/25)
  14リバウンド
   5ブロック

 ポール
  22点
  14アシスト

 チャンドラー
   8リバウンド
   3ブロック

 ストヤコビッチ
  11リバウンド

今日はこの試合も放送がありました。
前半はお互いにシュートが決まりにくい展開で、40%前後でした。
スパーズはチーム全体で点を取っていましたが、ホーネッツはウェストただ一人が異様な確率でシュートを決めていました。
ウェストは前半のチーム総得点の半分である22点を一人でたたき出し、気を吐いていました。
後半に入ってもスパーズはウェストを全く止めることが出来ず、ホーネッツの得点と共にウェストの得点が見る見る増えていきました。
そんなウェストの頑張りに応えるように、ホーネッツは徐々にポール、チャンドラー、ピーターソンがシュートを決め始めます。
スパーズはホーネッツのディフェンスの前に得点が止まります。特にダンカンがウェストのディフェンスの前に相当苦しんでいました。
リバウンドではかなり力を発揮しましたが、それも今日のウェストの前では霞んでしまいましたね。
それくらい今日のウェストはすごかったです。アンストッパブルとはまさにあのこと。アナウンサーのマーブも幾度となく「アンストッパブル!」と言ってました。
おまけにダンカンのレイアップまでブロックしてしまうディフェンス力も発揮。今日のウェストは手をつけられませんでした。
これでホーネッツが王手をかけました。しかし、次はサンアントニオでの試合なのでまだまだわかりません。
GAME7にもつれ込めばいくらホーネッツのホームとは言え、経験のあるスパーズの方が有利だと思うからです。
次の試合も目が離せません。


スポンサーサイト


コメント

こんにちは(^-^)



ピストンズはさすがですね

6年連続カンファレンス決勝進出という

安定感ぶりはたいしたものです(*_*)

ビラップス欠場でどうなることかと思っていたけれど、ハミルトンがオフェンス面はカバーしているようで、ビラップスの怪我はどうなんでしょう?



スパーズ王手かけられてしまってショックです(;_;)(>_<)(T_T)

それもあんな点差で(T.T)(T_T)(+_;)

新旧交代、世代交代といわれてしまいます

ウエストを何とかできないんでしょうか?

6,7戦は必ず勝ってほしいけれど

今シーズンのホーネッツの若い勢いは恐ろしいです(>_<)
[2008/05/15 11:27] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

DETは流石に強いですね。

順調に調整されていってると言うか。



NOHはCP3とWEST様々ですね。

非常に面白いシリーズですね。
[2008/05/15 19:44] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



ピストンズは強豪であり続けながら、マキシールやスタッキーなどの若手が育ってきてるのもすごいですね。プリンスもまだ若手ですし。

当分強豪であり続けるでしょうね。

ビラップスはシュート練習をしてたようなので、次戦には出場できるんじゃないですかね~

もう少し休みがありそうですし。



スパーズは苦しいですね。

ボウエンがストヤコビッチについてからは、多角的な失点は減りましたけど、ウェストがどうにもなりません。ダンカンでも止められないのでは…

そしてウェストに気が向くとポールが突っ込んできますし…

トーマスやオベルトがもっとダンカンを助けないといけないでしょうね。

いよいよ明日、GAME6ですね。
[2008/05/15 22:10] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ただ、この2年、ピストンズはここから急速に失速してます。如何にそれを無くすかですが…?



昨日のウェストには脱帽です。

ダンカンを相手にあそこまでできたらお見事としか言いようがないですね。

[2008/05/15 22:12] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/968-c5aa6267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。