バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/6 NBA全試合結果&感想&観戦後記

今日は2試合が行われました。



イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME2


マジック 93-100 ピストンズ

マジック(0勝2敗)

 ハワード
  22点(FG 8/11)
  18リバウンド(8オフェンスリバウンド)

 ネルソン
  22点(3P 5/8)
   7アシスト

 ルイス
  20点


ピストンズ(2勝0敗)

 ビラップス
  28点

 プリンス
  17点
  10リバウンド


今日のスカパー!はこの試合でした。
出だしはピストンズが優位に試合を進めるも、第1クォーターが終わる頃には同点になっていました。
第2クォーターに入るとマジックのシュートが全然入らず、ミスも連発で10点差をつけられてしまいました。
ターコルーがパスではある程度良い感じでしたが、肝心のシュートが入りませんでした。
第3クォーターに入ってもピストンズのペースでしたが、中盤辺りからマジックの長距離砲が火を噴きました。
第3クォーターでは7本全てのスリーを決め、大差の試合になりそうな雰囲気から一変して一気に逆転しました。
終了直前、残り4.8秒でピストンズのインボールでした。
ところがボールがコートに入っても時計が動かず、ビラップスがスリーを決めます。
ビラップスがボールを持った辺りから時計がようやく動いて、4.1秒で止まりました。
しかし、こんなことマジック側が納得するわけがありません。
審判が長時間協議します。
なんでも、NBAではこういう時、シュートが入った後だとやり直しはできないそうです。
また、審判がビデオで確認することも禁止されているようです。確認していいのはブザービーターが時間内かどうかを見る時だけですね。
そんなわけで審判の記憶だけを頼りに試合を再構築。
スリーが認められ、残り0.5秒で試合は再開しました。
なお、TNTがストップウォッチで確認した結果、ビラップスの手からボールが放れるまでに5.2秒が経過しており、本来であればノーカウントになっていました。
ペースが乱れたのか、マジックは打って変わってスリーが入らなくなり、第4クォーターでは1本しか入りませんでした。
それでもハワードがゴール下ですごい存在感を見せ、接戦となりましたが、最後にはビラップスに突き放されてしまいました。
ああいうカウントミスはいただけないですね。
得点が違っていれば両チームとも戦い方もまた変わったわけで、単純なものではないかもしれませんが、もっと競っていた可能性もあります。
これがオーランドでの試合であれば、ノーカウントだったかもしれません。ホームコートアドバンテージが優位に働きましたね。
シュートが入る前であればやり直しできたので、審判が三人とも時計に気づかなかったのは大きなミスです。
5秒あったわけですから、誰かが気づけたはずなんです。
マジックは後味の悪い負け方になりました。しかし、次戦はホームに帰ります。
気分を入れ替えて欲しいですね。



ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME2


スパーズ 84-102 ホーネッツ

スパーズ(0勝2敗)

 ダンカン
  18点
   8リバウンド


ホーネッツ(2勝0敗)

 ポール
  30点
  12アシスト

 ストヤコビッチ
  25点(3P 5/7)

 チャンドラー
  11リバウンド

 ウェスト
  10リバウンド


GAME1はウェストでしたが、今日はポールが大活躍。ファーストラウンドで上手くナッシュを止めていたパーカーが全くポールを抑えられていませんね。
ホーネッツはミスの少ない堅実な試合運びをしていますし、確率も良いです。(ウェストとウェルズ除く)
スパーズはダンカンがやや復調したものの、今度は他の選手が軒並み崩れましたね。
期待通りの活躍をしているのはトーマスのリバウンドのみではないでしょうか。
これは…本当にハックを仕掛ける相手がいないチームには勝てないって言われかねない負け方ですね。
下手すると、まともに戦っていたらサンズにも勝てなかったと言われ始めそうです。
しかし、ホームに帰れば必ず立て直してくるでしょう。
ホーネッツもアウェーで調子を崩すと、そのまま崩れっぱなしになる可能性も十分にあるので、次の試合が真の正念場ですね。
次に勝てばホーネッツは王手ですし、スパーズは巻き返しが可能になります。
GAME3はどっちにも絶対に負けられない試合になるでしょう。


スポンサーサイト


コメント

こんにちは(^-^)



今日の試合結果も最悪です(T.T)

第一戦同様3Qにダッシュかけられて

突き放されました(v_v)

パーカーもジノビリもだめで

昨シーズンはBIG3が不調な時は

ボウエンやバリーが頑張って3Pで稼いだのに

バリーが3Pをちょっと頑張ってくれたけれど

とても補えるほどでなくて

次は正念場ですね。

奇数年しか優勝できないジンクスを今度は

うち破ってほしいです。
[2008/05/06 21:59] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

ORLは不運でしたね(汗)。

あのスリーポイントが無効だったら、

また結果が違ってたかもしれませんね。

「たら」「れば」言っても仕方ないですが。



NOHは好調ですね。

CPがもう変幻自在?!

むしろSANが元気ないように見える。

昔93年のPOでCHIがNYKに

ホームで2連勝したのを思い出しました。
[2008/05/06 22:54] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



GAME3は必勝ですね。

これに負けたら巻き返しは不可能でしょう。

ポールを全く止められませんね。すごい選手です。

パーカーが抜かれたらダンカンやトーマスがヘルプしないといけませんが、ヘルプに入るとウェストやチャンドラーにパスと言う…

ポールを止めるのではなく、ポール以外を止める方に切り替えた方が良いかもしれませんね。

とにかく、次が正念場ですね。
[2008/05/07 17:21] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



不運でしたね。リーグもミスを認めたらしいですね。

ただ、審判は現行のルールで許容された範囲内で精一杯やったと評価しているので、制度の不具合であって審判のミスではないと言う見解ですね。

月末の会議でさっそくルールの見直しをするようです。



93年と言えば、ブルズはこの状態から持ち直しましたよね。

GAME1、GAME2の直後、ブルズは終わった、とまで言われてたのに最終的に勝ちましたからね。

スパーズは次は勝つのはもちろん、勝ち方も重要になってくるでしょう。
[2008/05/07 17:25] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/976-1b9e2490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。